kurarayRecruiting Information

トップページ 先輩社員紹介
People 05

設備技術開発

設備技術部
ビニロン設備技術グループ

2016年入社

工学研究科
機械物理工学専攻修了

蓄積した技術を最大限に活かし
生産環境の向上に貢献

全で安定して稼働する
設備の提供に取り組む

入社当時から、合成繊維「ビニロン」の生産設備の設計を担当し、これまでに製品の需要の増加に対応するための増産検討や、安定生産に向けた収率の改善検討のほか、設備の維持・更新業務にも携わってきました。現在は、低コスト原料の導入に向けた設備改造検討に携わっており、達成すると大幅なコストダウンに寄与するため意欲的に取り組んでいます。化学メーカーにおける私の役割は、より安全に、より安定して稼働する設備を提供することです。その実現に向けて、目の前の業務をこなすだけではなく、自分のアイデアや原理原則に基づいた理論を活用するよう日々意識しています。

社2年目に携わった
プロジェクトが成長の転機に

入社2年目にビニロンの新規製造プロセス建設プロジェクトに携わりました。関係部門や施工会社といった多くの人々と協力しながら計画通りの品質、予算、工期で設備を建設する必要がありました。学生時代には経験しなかったことの連続で最初は戸惑いましたが、周囲にフォローしてもらいながら取り組むことで少しずつ知識や経験が増え、プロジェクトを達成することができました。自分が携わった製造ラインのポンプが回り、原料が出る光景を見たときの達成感は、これからも忘れることはないと思います。

外建設プロジェクトへの
参画を実現するために

今後の目標として、海外での大型プラント建設に参画したいと考えています。挑戦の機会を掴むために、自身に足りないと自覚している能力について、日々の研鑽に努めています。OJTと資格勉強のOFF-JTを通じて、機械設計業務に必要になる技術能力の向上を図りつつ、加えて、海外行くことになるので、語学力の向上も必須です。英語は得意ではありませんが、eラーニングなど社内の教育システムも活用して勉強している最中です。実現は簡単なことではないでしょうが、必ず挑戦してみたいと考えています。

Off

私のOFFの過ごし方

大学時代からロックバンドの曲をよく聴いていて、特にリズム隊の楽器に強い憧れを持っていたので、最近、思い切ってベースを始めました。大学時代の友人とバンドも結成し、日々練習に励んでいます。まだまだスムーズに演奏はできませんが、プライベートに楽しみが増え、充実しています。

Culture

私が見つけたクラレの文化

若いうちから仕事に対して、自分の考えをアウトプットできる機会が多いです。最初はミスをしてしまうこともありますが、上司や先輩は頭ごなしに否定せず、「なぜ、そうしたか」「今後どうすべきか」といった建設的なアドバイスをしてもらえるので、ミスを恐れず難しい課題にもチャレンジしやすい職場だと感じています。

各社員の所属・内容は取材当時のものです。

その他の先輩社員