観桜会のご紹介

since1992

西条事業所の歴史を見守り続けている桜

西条事業所内にある桜は130本に上ります。
中には樹齢80年を超えるものもあり、古木としての風格を漂わせています。

地面につきそうなほど枝を広げた見事な桜や、100メートル超の通路脇の桜並木を
地域の皆様にも親しんでいただきたいと考え、
観桜会として一般公開を開始したのは1992年(平成4年)でした。

当初500人程度だった花見客も年々増え、
最近では1万人を超えて名実ともに地域の桜名所となっています。

※写真をタップクリックして、拡大して表示できます。

今年の桜の様子

2020年の開催は、新型コロナウイルス感染症の状況に鑑み中止させていただきました。

今年の桜の様子は、下記よりお楽しみください。