中期経営計画『PROUD 2020』

中期経営計画『PROUD 2020』:概要

中期経営計画「PROUD 2020」(2018年度~2020年度)PDF(1.6MB)

当ページでは2018年度~2020年度の3ヵ年における中期経営計画「PROUD 2020」の概要について説明します。

創業100周年を迎える2026年を
ターゲットに長期ビジョンを策定

クラレグループの使命

私たちは、独創性の高い技術で産業の新領域を開拓し、
自然環境と生活環境の向上に寄与します
-世のため人のため、他人(ひと)のやれないことをやる-

2026年に当社事業を取り巻く環境
  • 大きなルール・法規制の変更や技術革新の出現
  • 情報通信ネットワークや人工知能(AI)などデジタル化の更なる進展
  • 新興国の存在感増大
  • 水資源・食料危機など環境・社会問題の顕在化
  • 新規参入企業出現によるボーダレスな競争激化
  • 化学による問題解決チャンスの増加とその領域でのシビアな競争
  • デジタル化・IoT活用による競争力強化の機会増大

当社はこの度、中期経営計画を策定するにあたり、100周年を迎える2026年までの10年間の長期ビジョン「Kuraray Vision 2026」を策定しました。中期経営計画の前段として、まずは長期ビジョンについて説明いたします。

2026年には、当社事業を取り巻く環境はデジタル化の進展や、新興国経済の拡大によって劇的に変化することが想定され、化学業界においてはニューカマーの出現による競争激化などが容易に想像されます。一方、ルールや法規制が変わる可能性がある事や、IoTなどを活用した技術革新によって、新たに出て来る機会や課題があると認識しており、その解決に化学が貢献できるチャンスも増えてくると考えています。

ありたい姿

“独自の技術に新たな要素を取り込み、
持続的に成長するスペシャリティ化学企業”

基本方針

競争優位の追求
既存事業の競争力
を更に強化する
新たな事業領域の拡大
事業ポートフォリオの
拡充、領域の拡大を行う

グループ総合力強化ビジョン実現を支えるグローバル事業基盤を構築する

そのような状況下で、当社は2026年のありたい姿を「独自の技術に新たな要素を取り込み、持続的に成長するスペシャリティ化学企業」としました。

このありたい姿の実現に向けて、基本方針として、以下の3つに取り組みます。

1つ目は既存事業における競争優位の追求です。当社が培ってきた技術や製品を活かしながら、顧客ニーズに合った新製品や用途の開発や新興国市場でビジネスの拡大や、新たな需要の発掘を行っていきます。

2つ目は新たな事業領域の拡大です。独自性の高い技術に外部の技術や事業を掛け合わせ、新しい事業展開を行っていくことや、M&A・アライアンスなど、事業領域の拡大を行っていきます。

3つ目はこれら2つの方針を支えるグループ総合力強化です。ビジネスや、拠点が増加していく中で、経営基盤の構築を進め、グループトータルの総合力を上げていきたいと考えています。

安定した事業ポートフォリオの構築
“ビニルアセテートに次ぐ事業柱の育成”

モノマー開発からポリマー化技術、加工技術付与による高機能化の実現

当社は過去十年以上をかけて、事業の選択と集中をおこないながら、M&Aを含む、事業拡大を行い、ポートフォリオの強化をしてきました。

前中期経営計画「GS-STEP」では買収事業のシナジー発現など、主にコア事業であるビニルアセテートの収益力強化や事業拡大を進め、業界NO.1のポジションを築き上げてきました。

今後は、引き続き、中間素材メーカーとして高付加価値の追求をしながら、ビニルアセテートに次ぐ、第2、第3、第4の柱を作り、持続的に成長するスペシャリティ化学企業を実現していきます。

新中期経営計画『PROUD 2020』~クラレグループを取り巻くすべての人が誇りに思える(Proud)企業を目指して~

社会
  • 良き企業市民として社会との共有価値の創造
  • 正直でオープンな経営による信頼の獲得
  • コンプライアンスの徹底
環境安全
  • 安全に配慮した高品質で地球環境に貢献できる製品とサービスの提供
  • 事業活動における環境負荷の低減
  • 事故災害の無い安全で安心して働ける職場の実現
職場
  • 社員の士気と活力の向上
  • 公平で風通しよい職場づくり
  • ダイバーシティの推進
  • 働き方改革の 取り組み強化

「PROUD 2020」では4つの主要な経営戦略を掲げております。

競争優位の追求では、
  • 顧客のニーズに基づいた製品や用途の開発を行い、新たな需要を創出します。
  • 新興国市場へは、需要の創出や拡大を行います。
  • デジタル戦略の推進により生産・業務プロセスの革新を図ります。
新たな事業領域の拡大では、
  • 独自技術を強化しつつ、外部の技術を取り込みながら新しい事業を作り出していきます。
  • 引き続き、M&Aやアライアンスも検討していきます。
  • スペシャリティ化学メーカーとして、サービスもあわせて提供することで事業性を高めるビジネスモデルを確立し、新たな領域に踏み出します。
グループ総合力強化では、
  • ビジネスの拡大に合わせて、グローバル経営基盤を強化、推進します。
  • 世界中で優秀な人材を惹きつけられる働きがいのある職場作りをしていきます。
  • グローバルレベルで社内コミュニケーションを促進し、クラレグループの一体感を醸成します。
環境への貢献としては、
  • 地球環境に貢献する製品提供を拡大していきます。
  • 環境への負荷を低減したプロセスによる事業活動を行っていきます。
  • 生活の質を高めるための製品の提供をしていきます。
2017年度実績 2018年度計画 2020年度目標
売上高 5,184億円 5,400億円 6,500億円
営業利益 751億円 770億円 900億円
営業利益率*小数点第1位四捨五入 14% 14% 14%
当期純利益 536億円 490億円 620億円
為替レート 112円/ドル
127円/ユーロ
110円/ドル
130円/ユーロ
110円/ドル
130円/ユーロ
原燃料価格 39千円/kl 43千円/kl 43千円/kl

「PROUD 2020」の定量的な業績目標ですが、図で示した為替、原燃料価格を前提に、最終年度の2020年度に売上高6,500億円、営業利益900億円としています。なお、当期純利益は620億円となる見込みです。

既存事業の強化・拡大(高機能化、顧客ニーズ)
  • グローバルでの事業サポート新製品開発、品質・性能向上、プロセス革新の支援
  • 知財戦略の強化
基盤技術の構築・深耕(技術競争力の強化)
  • 触媒研究開発の強化高効率触媒設計・プロセス開発
    (酢ビ分野・新規高分子向け等)
  • 高分子材料研究開発の強化

新事業の推進(早期利益貢献)

研究開発では3つの方策として、既存事業の強化・拡大、基盤技術の構築・深耕、新事業の推進を進めます。

既存事業の強化・拡大については、マーケットや顧客のニーズの実現にあたって技術、開発の面で事業をサポートしていきます。
知財戦略を強化していきます。

基盤技術の構築・深耕については、製造プロセスの開発や新製品開発の鍵となる触媒研究開発や高分子材料研究開発を強化していきます。

3年間で2,500億円の設備投資を計画
戦略投資と成長投資が約6割を占める

*イソプレンのタイプラント新設や新事業に関する数字は含んでおりません。
戦略投資
  • VAM新プラント建設
  • グローバルSAPシステム構築
成長投資
  • 光学用ポバールフィルム増設
  • 水溶性ポバールフィルム増設
  • PVBフィルム増設
  • エバール新プラント建設
  • 液状ゴム増設
  • 歯科材料増設

M&A:具体枠を設定せず、
上記2500億円以外に別枠で検討

続いて、3年間の設備投資について説明します。

「PROUD 2020」において、事業収益の向上や経営基盤の強化ための戦略投資と需要の拡大に合わせた設備増強を目的とする成長投資を積極的に行っていきます。

3年間で計画している2,500億円の設備投資のうち、およそ6割が、その戦略投資と成長投資にあたります。
想定している主な設備投資案件は図に記載の通りです。

尚、この2500億円の中には、イソプレンのタイ新工場設立に関する投資や新事業での投資は含みません。

また、M&Aに関しても引き続き検討していきます。

事業活動で得たキャッシュを
主に将来の成長に投資
最低配当ライン設定と業績に連動した
株主還元の実施

2018-2020年度
営業キャッシュフロー
3,000億円
設備投資
事業の成長を目指し、積極的な投資
3年間で2,500億円を計画
(支払ベース:2,100億円)
株主還元
  • 総還元性向:35%以上
  • 年間配当金:40円以上
  • 自社株買い:弾力的に実施

最後に、財務戦略について説明します。

「PROUD 2020」の3年間で、3,000億円のキャッシュフローの獲得を見込んでいます。

設備投資に関しては、先ほどの説明の通り、決定ベースでは3年間で2,500億円を計画しています。

また、当社は将来の成長への投資を最優先としておりますが、株主の皆さまへの還元についても、経営の最重要課題と認識しております。

最低配当ラインを設定した、業績連動型の配当をおこなう方針を継続し
「PROUD 2020」期間中は、総還元性向35%以上、年間配当金は一株につき40円以上とします。
また、「PROUD 2020」期間中は、自社株買いについても資本の状況や市場環境を見ながら弾力的に実施する予定です。