2010年代

2010年代

「世界に存在感を示すスペシャリティ化学企業」に向け、M&Aやアライアンスを通じて事業の強化・拡大を推進しています。

2010年
大阪本社を移転
ビニロンが国立科学博物館の「未来技術遺産」に登録
ブラジル現地法人クラレサウスアメリカ設立
2011年
アクリル系熱可塑性エラストマー<クラリティ>生産開始
2012年
クラレノリタケデンタル株式会社設立
タイにクラレタイランド設立
産業用ポバールフィルム製造・販売メーカーの、米国モノソル社を買収
クラレノリタケデンタル(株)のプラント外観 クラレノリタケデンタル設立記念祝賀会の様子
2013年
人工骨インプラント<リジェノス>の新生産設備完成
人工骨インプラント<リジェノス>
2014年
クラレケミカル(株)鶴海工場(現:クラレ鶴海事業所)にリチウムイオン二次電池向けハードカーボン負極材の新プラント完成
米国DuPont社のビニルアセテート関連事業を買収
アクリルフィルム<パラピュア>を開発・展開
DuPontとの調印式
2015年
社長に伊藤正明が就任
バイオマス由来のバリアフィルム事業を扱う、オーストラリアのプランティック社を買収
企業ステートメント再編
創業の地「酒津」、事業活動終了
2016年
クラレケミカル(株)をクラレに吸収合併。新生「鶴海事業所」誕生
2017年
リチウムイオン二次電池向けハードカーボン負極材<クラノード>初出荷
2018年
米国の活性炭製造・販売メーカーCalgon Carbon社を買収