kurarayRecruiting Information

トップページ 早わかりクラレ社員

People

早わかりクラレ社員

私が思うクラレの仕事の
やりがいや面白さ

想定通りの特性が発現すると面白い。想定通りに行かなくても、なぜその現象が発現するのかを論理的に考えながら、謎解きをすることにやりがいがある。

研究開発/男性

海外市場の新規開拓において、どんな顧客がいるのか、現地の商慣習はどのようになっているのか等の市場調査〜実際の顧客訪問の流れを全て体験できるところに面白みを感じている。

営業/男性

新しく発生した問題は、誰も原因が 分からない事が多い為、自ら仮説を立て、解決に向け前進させる必要がある。問題が解決したときの達成感は非常に大きく、仕事の進め方が正しかったことの証明となり大きな自信が得られる。

研究開発/男性

最終製品の開発過程に営業でも関わる事ができ、採用された製品をスーパーなどで見る事が出来る。また、展示会などで新たな用途を自分なりに想像する事も面白い。

営業/女性

数字に責任を持ち、自分より役職のずっと高い人に対し説明をする機会などはやりがいをより強く感じます。

スタッフ/男性

新しいプロセスを考えて作っていく仕事をしていると、上手くいかずに壁にぶつかることも多く大変です。しかしその分、少しでもいい技術を生み出せればうれしいですし、それが少しずつ具体的になっていって目に見えるものになるのがやりがいです。

生産技術/男性

次々とスケールの大きい仕事を担当できることが面白いです。また、大人数で力を合わせて困難を乗り越えたときに大きなやりがいを感じます。

生産技術/男性

大学ではできないようなスケールで実際にモノが出来上がっていく様子は、テンションが上がります。

研究開発/男性

私の仕事における
「こだわり」

他人の意見を否定しないことです。特に壁にぶつかった時などは議論が滞ります。お互いが発言しやすい雰囲気作りは効果があると感じています。

研究開発/男性

とにかくやってみる、というチャレンジ精神を大切にしている。とりかかるまえから無理だとか嫌だとか思わないようにしている。

研究開発/女性

課題解決において、部署・上司・同僚の知見と経験だけでなく、最新技術・情報や一般的手法を取り入れながら、自らの論理を構築し、最善策を導くこと。社内、社外の相手と仕事を進める上で必要な事だと考え、心掛けています。

研究開発/男性

開発の仕事は失敗の連続。上手くいかない時も、自分にとって何かしらの「意味」があると考えながら進めている。案外、昔の失敗が全く関係ないところで役に立ったりするので侮れない。

研究開発/男性

顧客訪問の際、それ以後も定期的に連絡を取り合う為に、絶対に1つは宿題を持って帰るようにする。

営業/女性

当たり前のことかもしれませんが、人に質問する前にまず自分なりの答えを出すようにしています。周りには上司も含めて何でも質問しやすい人たちが多く、つい周りに頼りがちになってしまうので、常にこの「こだわり」は意識するようにしています。

研究開発/男性

できない理由を探さずに、できる方法を考えることです。新しいものを生み出そうとすると上手くいかないことも多くつらくなりますが、いつでも上手くいくイメージを持って技術開発をするようにしています。

生産技術/男性

求められていることに加えて何か一つ、おまけの付加価値をつけて仕上げるよう心掛けている。

営業/男性

私が感じたクラレらしい文化

新人研修の最後に教育担当の人事へサプライズムービーを送ったこと。相手のことを思いやり、全員が協力して感謝の気持ちを伝えることができたのがクラレらしいと思った。

生産技術/男性

若手にもチャンスを与えると言われていたが、実際に3年目からは東南アジア市場の新規開拓を全面的に任されている。

営業/男性

上司との壁がとても低いと感じます。特に若手の先輩社員は、職場では頼れる兄貴的な存在ですし、プライベートでは家に泊まらせてもらったりするくらい仲が良いです。

スタッフ/男性

研修のアイスブレイクで、各々の至福の瞬間を発表。「子供と遊んでいる時」との回答が圧倒的に多く、周囲の人を大事にするクラレらしい回答だと思った。

スタッフ/男性

出来ないからあきらめるのではなく、出来る範囲での最善策を一生懸命に模索する姿勢はクラレらしいなと思います。

生産技術/男性

生産トラブルの改善のため、設備改造を行った。責任が大きく戸惑うことも多かったが、部署の枠を超えて、多くの人に助けてもらい、最終的に工事まですることが出来た。人のつながりの強い会社だと実感した。

生産技術/男性