kurarayRecruiting Information

トップページ 数字・キーワードで知るクラレ

About

数字・キーワードで知るクラレ
アルパカ
90年以上の歴史
世界32か国
世界No.1
50種類以上の製品
Only1製品
ランドセルは海を越えて
髙梨沙羅選手

アルパカ

若い世代の認知度アップと、持続的に成長する化学メーカーとしての企業ブランド向上を目的に、2007年より企業広告キャンペーンがスタート。テレビCMの第2弾から登場し、人気を博したのがアルパカの「クラレちゃん」です。インパクトのある愛らしい姿が“ミラバケッソ(未来に化ける新素材。)”という摩訶不思議なキャッチフレーズとあいまって「いい未来がやってきそうな期待感」を表現。今なお愛される、クラレを代表するキャラクターとなりました。

90年以上の歴史

1926年(大正15年)、当時の先端技術である化学繊維レーヨンの事業化を目的に「倉敷絹織」として誕生したクラレ。第2次世界大戦後の1950年には、世界に先駆けてPVA繊維ビニロンの工業化に成功し、日本の化学合成繊維の草創期を切り拓きました。「世のため人のため、他人(ひと)のやれないことをやる」という使命のもと、社会的責任と独自技術の追求に邁進し続けてきたことが、90年以上にわたる安定と成長の源泉となっています。

世界32か国

売上高の海外比率は約68%。グローバル企業としてクラレの活躍の場は、今や世界全域に広がっています。ではなぜ、海外展開が着実に進んでいるのか。その理由の一つが、現地のニーズにきめ細かく対応する「適地生産・適地販売」の方針です。今後は「水・環境」「エネルギー」「光学・電子」といった環境指向型ビジネスの領域でさらに存在感を発揮し、地球温暖化や水・食糧問題など全地球規模的な課題の解決に取り組んでいきます。

世界No.1

液晶ディスプレイの表示に欠かすことのできない光学用ポバールフィルムや優れたガスバリア性で食品包装材や薬品容器への需要が高まるEVOH樹脂〈エバール〉など、クラレはこれまでに多くの世界トップシェア製品を生み出しています。独自技術が大きな強みとなっているのはもちろん、世界各地のマーケットに即した製品開発やサポート体制も高い評価を得るなど、さまざまな取り組みが「No.1」という形で結実しています。

50種類以上の製品

ビニルアセテート事業、イソプレン事業、機能性材料事業、繊維事業、新事業。クラレはこれらの事業領域で、50種類以上の製品を世に送り出しています。事業名や製品名を目にしてもあまりピンとこない…という方が多いと思いますが、スマートフォンやテレビ、自動車など身近なものをはじめ、医療や建築など幅広い分野でクラレの素材が活躍しています。また、最先端技術を駆使し、軽量化や環境負荷軽減といった多種多様なソリューションを提供しています。

Only1製品

強みである高分子・合成技術を徹底的に磨き上げ、新たな機能・用途に挑戦し続けることで生まれた、クラレのオンリーワン製品群。天然ゴムを人工的に作るという発想からスタートしたイソプレン化学品や、クラレ独自の技術から生まれた高耐熱性ポリアミド樹脂〈ジェネスタ〉は、オンリーワンだけでなく世界トップシェアをも誇ります。付加価値の高い唯一無二のものづくりの探求は、クラレの企業風土そのものといえます。

ランドセルは海を越えて

紛争と混乱が続き、世界でもっとも物資が不足している国のひとつ、アフガニスタン。使い終わったランドセルを文具とともに子どもたちに届けて、学ぶ喜びを知るきっかけにしてもらいたい。そんな想いで2004年にスタートしたのが、「ランドセルは海を越えて」という活動です。毎年全国から集まる多くのランドセルを、クラレ社員を中心としたボランティアが梱包。これまでに合計12万個を超えるランドセルが現地に贈られました。

髙梨沙羅選手

韓国・平昌オリンピックのスキージャンプで銅メダルを獲得。2018-19シーズンのFISワールドカップで男女歴代単独最多の通算56勝を果たした髙梨沙羅選手。2018年6月1日にクラレ社員として迎えて以降、世界での活躍をバックアップしています。髙梨選手も各地の事業所を訪問するなど、社員として交流を深めています。
*髙梨沙羅選手応援サイト