kurarayRecruiting Information

トップページ クラレのグローバル展開

About

クラレのグローバル展開
Kuraray Europe GmbH
ドイツ・フランクフルト
OOO TROSIFOL
ロシア・ニジニノヴゴロド
Kuraray Nordic Ab Oy
フィンランド・ヘルシンキ
EVAL Europe N.V.
ベルギー・アントワープ
Kuraray Asia Pacific Pte.Ltd.
シンガポール
Kuraray India Private Limited
インド・ニューデリー
可楽麗管理(上海)有限公司
中国・上海
可楽麗国際貿易(上海)有限公司
中国・上海
Kuraray Hong Kong Co.,Ltd.
中国・香港
可楽麗亜克力(張家港)有限公司
中国・張家港
Kuraray(Thailand)Co.,Ltd.
タイ・バンコク
Kuraray America,Inc.
アメリカ・ヒューストン
Calgon Carbon Corporation
アメリカ・ピッツバーグ近郊
MonoSol, LLC
アメリカ・シカゴ
Kuraray South America Representações Ltda.
ブラジル・サンパウロ
Plantic Technologies Limited
オーストラリア・アルトナ

海外売上高推移

[ 欧米でのコア事業拡大と中国での加工拠点構築 ]

このグラフの通り、ここ数年で海外売上高の割合が高まっており、これに伴い若手社員でも海外に出て行くチャンスが広がっています。
また、それを支援する「グローバル人材育成プログラム」も用意されています。

高い市場シェアを誇る
クラレグループの製品

こうした製品開発の背景にあるクラレの理念追求型の開発思想や独創性の高い技術が、世界シェアNo. 1の製品を生み出す原動力となっています。

※国内シェアなどはこちら(当社規定)
https://www.kuraray.co.jp/ir/analysis/share/

グローバルネットワークの構築

クラレは1986年、米国合弁会社でのEVOH樹脂<エバール>の現地生産開始で足がかりを築き、世界的な市場の広がりに応える形で生産・販売の現地化を果たしてきました。2014年のデュポン社の酢ビ関連事業買収、2018年のカルゴン・カーボン社買収によって、そのネットワークは飛躍的に拡大し、「適地生産・適地販売」の方針のもと、独創的な技術を駆使した海外事業を展開しています。