CSR

クラレの歴史は、1926年のレーヨンの事業化以来、ビニロン、<クラリーノ>、ポバール、<エバール>、イソプレン、<ジェネスタ>をはじめとして、世界に先駆けて新事業に挑戦する苦難に満ちた歴史でした。第二次世界大戦を挟むこの激動の時代に、独自技術で社会的価値の高い事業を創出する挑戦を通して培ったクラレの企業文化には、企業市民として「世のため、人のため、他人のやれないことをやる」という社会的責任の理念が刻み込まれています。

トップコミットメント 社会の持続可能性のために クラレにおける社会や環境に責任を果たす取り組みを紹介する「クラレCSRレポート2015」をお届けします。

コーポレートガバナンス報告書