kuraray 株式会社クラレ


ニュースリリース 2017年

包装関連総合展「JAPAN PACK 2017」に出展
~衣料用洗剤などの個包装でニーズが拡大する水溶性ポバールフィルムや<エバール>などを紹介~

2017年10月2日
株式会社クラレ
クラレトレーディング株式会社
(クラレグループ)

出展イメージ

株式会社クラレ(本社:東京都千代田区、社長:伊藤正明)とクラレトレーディング株式会社(本社:大阪市北区、社長:村井研三)は、2017年10月3日から6日まで東京ビッグサイトで開催される「JAPAN PACK 2017 (2017日本国際包装機械展)」に出展します。

衣料用洗剤などの個包装で使用されている水溶性ポバールフィルムや、プラスチックで最高レベルの気体遮断性を持ち、食品、医薬品、化粧品などの長期保存を可能にする<エバール>など、クラレグループを代表する包装関連の素材を紹介します。

1.主な出展内容

繊維製品包装用ポバールフィルム

非耐電性、ノンスリップ性能を有する繊維製品包装用ポバールフィルムです。優れた透明性・光沢性・柔らかな風合いで商品を包み、高級感を演出します。

水溶性ポバールフィルム

衣料用洗剤イメージ

水に速やかに溶解するという特性を活かして、衣料用洗剤やトイレの殺菌洗浄剤、農薬など、粉体・液体の個包装用途で採用が拡大している産業用ポバールフィルムを紹介します。

<エバール>

プラスチック中、最高レベルの気体遮断性をもち、食品、医薬品、化粧品等の包装材に広く利用されています。輸液バッグ、栄養剤・注射液などの液体包装、香料を使用した化粧品・洗剤などの包装材に採用されています。

<クラペット>

ダイレクトブロー成形に適したPET樹脂です。透明性、耐薬品性、耐衝撃性に優れた容器の成形が可能です。ガラス瓶の代替として、意匠性に優れた化粧品、医薬品などの容器に採用されています。

<PLANTIC(プランティック)>

オーストラリアの産学連携研究から生まれた再生可能なバイオマス原料由来のガスバリア材です。生鮮食品のトレーやパックに採用することで、鮮度や風味を維持し、食品ロスの削減に貢献します。

2.展示会概要

名称 JAPAN PACK 2017 (2017日本国際包装機械展)
会期 2017年10月3日(火)~6日(金) 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト 東展示棟1~6ホール
ブース番号 2E₋05/2E₋06

ご参考

クラレトレーディング株式会社 会社概要

社名 クラレトレーディング株式会社
本社所在地 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー39階
代表者 代表取締役社長 村井研三
設立 1961年10月
資本金 22億円(クラレ100%)
主な事業内容 繊維製品、樹脂、化学品の輸出入および卸売

※ 報道関係者様向け画像ダウンロードサービス

報道関係者様に限り、画像をクリックしてダウンロードの上ご利用いただけます。
ご利用に際しては、当社IR・広報部までご一報ください。