kuraray 株式会社クラレ


ニュースリリース 2011年

クラレグループの「ミラバケッソ」新テレビCM
キーワードは○○系!
クラレちゃんと成海璃子(なるみりこ)さんが宇宙へGO!
企業CM「ミラバケッソ」“バリア系”篇 8月27日(土)から放映開始

2011年8月25日
株式会社クラレ

当社はこのたび、企業広告キャンペーンの一環として、「ミラバケッソ」(注)テレビCMシリーズの新バージョンを8月27日(土)より放映します。
新CM「ミラバケッソ」“バリア系”篇では、アルパカのクラレちゃんと成海璃子(なるみりこ)さんがスーパーマーケットから遠い宇宙へ飛び出します。当社の製品(バリア系ミラバケッソ<エバール>)をモチーフに、<エバール>が、「バリア」という機能によって、食品包装材分野で社会に貢献していることをアピール。「クラレ=進化する新素材群で社会に貢献するメーカー」というポジティブな企業イメージの獲得と業容理解の促進を狙います。
また、「○○系」をキーワードとすることで、他にもさまざまな新素材群を持っていることを予感させる作りとなっています。
(注) キャンペーンのキャッチフレーズ「未来に化ける新素材」⇒「ミラいにバケる新材」⇒「ミラバケッソ」

1. テレビCMの概要

タイトル

クラレ企業CM「ミラバケッソ」“バリア系”篇 15秒および30秒

放映開始

2011年8月27日(土)

CMストーリー

「ミラバケッソ」“バリア系”篇
スーパーで仲良く買い物中の
成海璃子さんとアルパカのクラレちゃん。
バリア系ミラバケッソが使われている、
マヨネーズやポプリを手に取りながら、
成海さんが尋ね、クラレちゃんがそれに答えていく。
「賞味期限を?」「延ばせるッソ!」
「香りがずーっと?」「長持ちッソ!」
さらに、宇宙食を手に取り、
「遠い宇宙でも?」と成海さんが聞く。
すると、ふたりがフワフワと浮き上がり、
スーパーを、地球を飛び出し、ついには宇宙へ。
「活躍ッソ!」と元気よく答える、クラレちゃん。
しかし、他にはどんな◯◯系ミラバケッソがあるのか?
気になってしょうがない、成海さんなのでした。

仲良くお買い物中の成海さんとクラレちゃん

他にはどんな○○系ミラバケッソがあるのか?

オンエア予定

(1) 番組提供(全国)

経済ドキュメンタリー「ガイアの夜明け」(テレビ東京系 毎週火曜日 22:00~22:54)

(2) スポットCM(関東、関西、新潟、岡山・香川、愛媛地区)

2011年8月27日(土)~2011年9月16日(金)

制作スタッフ

  • 制作会社:ライトパブリシテイ
  • クリエイティブ・ディレクター:宮寺 信之
  • ディレクター:神谷 佳成
スタッフのCM制作意図
キャンペーン5年目となる2011年は、「クラレ=進化する新素材群で社会に貢献するメーカー」というポジティブな企業イメージの獲得と業容理解の促進を目的に、CMプランニングを行いました。世のため、人のために日々開発されている、さまざまな◯◯系ミラバケッソ(未来に化ける新素材)。CMでは、その中からバリア系ミラバケッソ<エバール>を取り上げ、実際にどう私たちの生活に役立っているか、そして、これからの未来にどう貢献していくのかをユニークに表現しています。

2. 撮影ウラ話

撮影は、7月下旬に都内スタジオで行われました。スタジオには、海外のスーパーをイメージしたセットが組まれ、スタッフのテンションも高まるばかり。撮影1カット目は、スーパー店内で買い物をする成海さんとクラレちゃんのシーンでした。今回の4代目クラレちゃんは、生後11ヶ月のハムくんという、男の子。8月6日生まれだから、ハムくんと名付けられたそうです。今回が初共演のふたりでしたが、いざ撮影が始まると息もピッタリの演技を見せてくれました。撮影中は、たくさんのスタッフの前でも動じることなく、落ち着いた表情のクラレちゃん。しかし、アルパカ飼育員の方に聞くと、普段はとってもわがままな性格で手を焼かされることもよくあるそうです。撮影は順調に進み、今回のCMのいちばんの見所、成海さんとクラレちゃんの宇宙遊泳シーンへ。撮影では、成海さんをワイヤーで吊り、宇宙空間での無重力状態を演出しました。意外なことに、映画やドラマで活躍中の成海さんも“吊り”は初体験とのこと。専門スタッフにワイヤーをセットされ、いよいよ“吊り”の瞬間、周りのスタッフはドキドキしながら見つめていましたが…本人はまったく臆せずにむしろ楽しんでいるようでした。最大8mもの高さに吊られながらも時々、笑顔を見せて華麗にバランスを取り、絶妙な演技を見せてくれたのです。

バリア系ミラバケッソ<エバール>について

EVOH樹脂<エバール>は、1972年に当社が世界で初めて工業化した機能性樹脂です。プラスチックの中で最高レベルのガスバリア性(気体を通さない性質)を持つのが特長で、当社が世界トップシェア(65%)を誇ります。酸素を遮断し内容物の劣化を防ぐため、食品包装材用途で広く普及しています。
また、プラスチック製ガソリンタンクに使用され、揮発ガソリンの漏えい防止や自動車の軽量化に役立っています。さらに、大型冷蔵庫の真空断熱板にも採用されるなど、その用途を拡大しています。

なぜ<エバール>がバリア性に優れるかについてはこちらから

3. 成海璃子(なるみりこ)さん プロフィール

1992年(平成4年)8月18日神奈川県横浜市生まれ。血液型O型。
趣味は読書。2005年(平成17年)ドラマ『瑠璃の島』で初主演を果たす。
現在、ドラマ『ドン★キホーテ』(NTV)レギュラー出演中の他、2012年のNHK大河ドラマに初出演が決定、『平清盛』で平滋子を演じる。

4. 「アルパカ」について

四代目「クラレちゃん」の「ハム」君(2010年8月6日生まれ)

主に南米に生息している動物、アルパカ。はるか昔、インカ帝国の時代から家畜としてヒトとともに暮らしてきました。体長2m、体重50kgぐらいにまで成長し、好物は草や苔。一度見たら忘れられない、愛くるしいユニークな外見をしていますが、実は、臆病でシャイな性格です。

5. 企業広告キャンペーンの意図

当社は、化学繊維レーヨンの製造会社として1926年に岡山県倉敷市に設立されました。その後、国産技術による初の合成繊維であるビニロンを世界に先駆けて事業化した当社は、その原料樹脂であるポバールの技術を足がかりに、液晶テレビやパソコンのディスプレイに必須の素材であるポバールフィルム、食品の保存性を高めるガスバリア性樹脂<エバール>、ランドセル用素材などでおなじみの人工皮革<クラリーノ>、ゴムのような弾性を持ち成形性にも優れる水素添加スチレン系熱可塑性エラストマー<セプトン>など、自社技術で開発した世界トップクラスのシェアを誇る高機能素材を多く展開するスペシャリティ化学企業へと進化しました。
さらに現在では、これまで蓄積してきた技術を生かし、新エネルギー関連ビジネス、アクアビジネス、環境フレンドリー材料ビジネスなど、全地球的な課題に解決策を提供する事業の拡大を通じ、持続的な成長を目指しています。
今後の成長を支え、企業ブランド価値を向上させるためテレビCMを中心とした企業広告キャンペーンを展開しています。
キャンペーンのキャッチフレーズ「未来に化ける新素材」には、未来に向けて人も組織も進化していこうという企業の意思と、可能性を秘めた若い世代を新素材になぞらえ訴求していこうという思いを込めています。

以上

株式会社クラレの概要

社長 伊藤 文大
本社 東京都千代田区大手町1-1-3
事業内容 樹脂・化学品・繊維製品の製造販売、トレーディング事業他
資本金 890億円(2011年3月末現在)
連結従業員数 6,544名(2011年3月末現在)
連結売上高 3,632億円(2011年3月期)