kuraray 株式会社クラレ


研究開発・生産技術開発の基本戦略

独創的技術の発想 ~ クラレグループの研究開発 ~

[Kuraray]新エネルギー関連ビジネス、環境フレンドリー材料ビジネス、アクアビジネス→[全地球規模の課題]有限な天然資源、水・食糧不足、地球温暖化、環境汚染

クラレグループは高分子化学・合成化学の技術をベースに、関連する周辺技術・ノウハウを融合することで、独創的で高度な技術体系をつくり上げています。グループの知恵と人材を結集し、外部機関との連携も深めながら、素材領域にとどまることなく、市場が求めるサムシング・ニューの提供に取り組んでいます。

今日、私たちは様々な全地球規模の課題(地球温暖化、有限な天然資源、水・食料不足、環境汚染など)に直面しています。クラレグループは、独創的な技術でこれらの課題に効果的な解決策を提供し、新たなビジネスの創出・拡大を通じて持続的な成長を目指していきます。

クラレグループの開発体制

[研究開発体制]くらしき研究センター:各プロジェクトチーム(合成研究所、酢ビ系高分子研究所、構造・物性研究所、電池材料研究所) つくば研究センター:各プロジェクトチーム(高分子材料研究所、成形・加工研究所、フィルム・シートプロジェクトチーム、光学材料開発グループ ) クラレリサーチ&テクニカルセンターU.S.A 各事業部・関係会社研究・開発部 各プロジェクトチーム(知的財産部) [生産技術開発体制]技術開発センター:各プロジェクトチーム(化学プロセス開発グループ、成形技術開発グループ) 設備技術統括部:各プロジェクトチーム(設備技術グループ、エンジニアリンググループ) 各事業所設備技術部  各事業部生産技術開発部