kuraray 株式会社クラレ


2000年代

2000年~

2000(平成12)年 社長に和久井康明が就任
新規水溶性樹脂<エクセバール> 事業化(岡山)
イタリアの人工皮革加工販売会社 ロリカ社に資本参加
2001(平成13)年

PVA関連事業買収調印式

排水処理用固定化担体<クラゲール> 事業化(西条)
(株)フクヨー茨城、ピジョン(株)と合弁で「クラフレクックス茨城」設立
クラリアント社のPVA関連事業を買収、製造販売会社としてドイツ(フランクフルト)に「クラレスペシャリティーズヨーロッパ」設立
「クラレメディカル」設立

2002(平成14)年

セプトンカンパニー・オブ・アメリカ社

「上海事務所」開設
社内カンパニー制を導入
セプトンカンパニー・オブ・アメリカが<セプトン>生産開始

2003(平成15)年 執行役員制度の導入
経営諮問会議を設置
CSR委員会を設置(企業倫理委員会、社会環境委員会を再編)
2004(平成16)年 クラレリサーチ&テクニカルセンター開設
HTトロプラスト社のPVBフィルム事業を買収し、クラレスペシャリティーズヨーロッパの一事業部門として事業を開始
2005(平成17)年 米国セラニーズアドバンスドマテリアルズ社のポリアリレート繊維<べクトラン>事業を買収し、クラレアメリカ社が当該事業の運営を開始
2006(平成18)年 クラレヨーロッパ社がクラレスペシャリティーズヨーロッパ社を吸収合併
2008(平成20)年 クラレアメリカ社が、エバールカンパニー・オブ・アメリカ社およびセプトンカンパニー・オブ・アメリカ社を吸収合併
ポバールアジア社の全株式を取得し、子会社化
社長に伊藤文大が就任
2011年(平成23年) アクリル系熱可塑性エラストマー<クラリティ>生産開始(新潟)
2012年(平成24年) 産業用ポバールフィルムを扱う、米国モノソル社を買収
2014年(平成26年) 米国DuPont社のビニルアセテート関連事業を買収
2015年(平成27年) 社長に伊藤正明が就任
バイオマス由来のバリアフィルム事業を扱う、オーストラリアのプランティック社を買収