kuraray 株式会社クラレ


1990年代

1990年~

1990(平成2)年

ポバールアジア社
設立調印式

<ベクトラン> 高強力ポリアリレート繊維 事業化(西条)
熱可塑性エラストマー<セプトン> 事業化(鹿島)

1991(平成3)年 オプトスクリーン(フレネルレンズ)事業化(中条)
独(デュッセルドルフ)に現地法人「クラレヨーロッパ」設立
三井東圧化学と合弁でMMA(メタクリ酸メチル)製造販売会社「共同モノマー」設立
社会環境委員会を設置(社会貢献、環境保全への取り組みを強化)
1992(平成4)年 マッチングギフト制度「クラレふれあい募金」をスタート
第1回少年少女化学教室 開催
ポリウレタン繊維<スパンテル> 事業化(西条:1999年停止)
1993(平成5)年

エバールヨーロッパ社

クラレ地球環境行動指針を制定
社長に松尾博人が就任

1994(平成6)年 「クラレテクノ」設立筑波研究所
筑波研究所[現 つくば研究所、オプトデバイス商品開発センター]設立
1995(平成7)年 香港に「クラレ香港有限公司」設立
1996(平成8)年 米国現地法人の持株・統括会社「クラレアメリカ」設立
(2000年クラレホールディングスUSAに社名変更)
日本合成化学工業(株)と合弁でポバール生産会社「ポバールアジア」をシンガポールに設立
1997(平成9)年 シンガポールにポバール販売会社「クラレスペシャリティーズアジア」設立
「クラレ財経センター」「クラレ情報システムセンター」設立(2001年両社統合して「クラレビジネスサービス」設立)
1998(平成10)年 <クラロンK-Ⅱ> 新規PVA系繊維 事業化(岡山)
1999(平成11)年

<ジェネスタ>使用製品

ポバールアジアがポバール生産開始
エバールヨーロッパが<エバール>生産開始
<ジェネスタ> 耐熱性ポリアミド樹脂 事業化(鹿島、西条)