仕事をする上で心がけていること

担当する仕事の目的・背景を理解すること、事象に対してなぜを繰り返すこと、報告や書類作成時に言葉を大事にする(誤解無く正確に伝える)ことを心がけています。

name

今岡正平

job

フィルム生産・技術開発部

major

工学研究科複雑システム工学専攻

year

2005年入社

仕事内容、やりがい

品質向上や生産量の極大化を目的とした新規設備の導入や既存設備の改造検討、主要設備の維持管理など。
クラレの主力製品であるポバールフィルムの生産に関わっているので、会社を支えているという意識が強く湧くこと、大型設備の仕様検討~導入~運用まで携われていることが、やりがいに繋がっていると思います。

仕事で一番大変だったこと

入社5年目から担当した、フィルム品質を大きく左右する主要設備であるダイスの新規導入及び戦力化。
若い内から大きな仕事に携われたのは良かったですが、メーカーと協業でダイス接液部の表面状態最適化(製造技術の確立)などを検討するにあたり、学生時代に学んだことが全く役に立たず、さらに当時は一刻も早く導入する必要があり、そのプレッシャーが大きかったため、大変でした。

会社の雰囲気や同僚との関係は

部課長が気さくに話してくださるので、雰囲気は明るいです。入社から一貫して当部署に勤務しているためか、年齢問わずコミュニケーションが取れており、良好な関係が築けていると思います。週末には酒を飲みに行ったり、ゴルフをするので、業務以外でも仲良くさせてもらってます。

学生へのエール

必ずしも学生時代に研究したことが活かせる、または自分が希望する業務ができるとは限らないので、学生の内に様々なことに興味を持って学ぶことや、論理的に物事(研究)を進めるクセをつけたほうが良いと思います。