仕事をする上で心がけていること

『ユーザーの話を良く聞くこと』
相手の『こうしたい、こんな物が欲しい』というイメージを上手く引き出し、形作ることも技術者の腕前だと考えています。

name

山本正弘

job

プラント設計部

major

工学部応用理工学科

year

2005年入社

仕事内容、やりがい

私は入社以来、クラレ内部の化学プラント建設、及び外部顧客の化学・半導体・医薬・食品関連プラントの建設を担当しています。
具体的には、まず建築・電気・プロセス・設備の技術者でプロジェクトチームを立ち上げます。そして、各技術者の知識と経験を集結し、ひとつの形にまとめあげながら、計画→設計→調達→工事→試運転という流れでプラント建設を進めます。私はプロセス・設備の技術者ではありますが、自分の領域は勿論、多岐に渡る専門知識とトータルコーディネートが必要になります。現在は外部顧客の化学プラント建設の責任者として、プロジェクトチームを牽引し、建設工事全体の取りまとめをしています。
仕事のやりがいは、『プラント完成時の感動』です。プラント建設には様々な困難やトラブルがつきものです。それらに対し、限られたコストや工期内で解決し完成させねばならないプレッシャーがあります。困難な場面やタフでしんどいこともありますが、それらを乗り越え、プラントが完成したときの達成感は何ごとにも代え難いものがあります。

仕事で一番大変だったこと

入社1年目に、半導体部品の製造プラント建設を担当しました。今振り返ると、それほど大きな規模の建設ではありませんでしたが、
担当する業務の全てが始めてで非常に苦労した記憶があります。特に、自分が作成した設計資料をユーザーへ説明しに行くことが
大変でした。こちらは1年目であっても、ユーザーから見ればプロの技術者であり、質問に対しては会社としての回答を求められる為、
いつも緊張しました。入念な下準備と、理路整然とした話し方を心がけました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

非常に働きやすい雰囲気だと感じています。若い方もベテランの方も、お互いの意見を自由に出し合い、そして聞き入れあう風土が保たれています。
また、若手への教育に対して、熱心で積極的な方が多いです。教えて欲しい、という声に対して全力で応えてくれる、暖かい先輩方がたくさん居ることが私の部署の自慢です。
但し、仕事には厳しい!プラント建設は多くの人、コスト、時間をかけて進むことから、一つ一つの結論に対して説明責任が求められることが多く、ほどよい緊張感もあります。

学生へのエール

この仕事の面白みは、『様々な分野、領域へ挑戦できること』だと感じています。
化学業界は多種多様な製品を開発しており、クラレにおいても多くの開発~建設プロジェクトが進行しています。それぞれプロセス、規模、ロケーションが異なり、ルーチンワークは全く有りません。昨日は化粧品原料、今日は車のレザーシート、明日はレモンの香料、
なんてことも。他業界のプラント建設になりますが、最近はチョコレート工場なども担当しました。その為、毎回新しい発見や技術に触れ、飽きることなく刺激を受けることができる環境にあります。
色々なことに挑戦したい、チャレンジ精神あふれる学生の皆さんと、一緒に仕事をできることを楽しみにしています。