仕事をする上で心がけていること

自分が良かれと設計しても他の視点では不具合があったりと、トレードオフの関係になることがあります。そういった場合、関係者に意見を聞き、調整しています。

name

藤村茂輝

job

設備技術部

major

化学工学科化学工学・反応工学専攻

year

2007年入社

仕事内容、やりがい

化学プラントの設備関係の設計作業とそれに関わる法申請作業、その他運転時のトラブル対応、法律関係の検査、官庁への対応等いろいろな業務があります。設備の設計作業と一言でいってもフローの作成、配置、機器仕様の検討、図面作成、工事手配と日程調整等、仕事内容は多岐に渡ります。実際に自分の設計した設備が出来上がり、思い通り稼動するのを見ると、達成感があります。

仕事で一番大変だったこと

計算上の能力は足りているはずなのに、実際の運転で能力が足りていない既存設備の検討を実施した時。この時はいくら検証しても原因が分からず、メーカーに原因として考えられる項目を確認したり、実機の運転条件を変更してみたり、挙句には実機を使用した試験等で運転を停止させてまで検証したが、思ったような結果が得られなかった。問題は解決したが、実機試験中等は寝る暇がなかった。

会社の雰囲気や同僚との関係は

いろいろと相談しながら仕事を進められる雰囲気です。自分が行き詰った時はベテランの方に聞いて、問題解決の糸口となったり、逆に新人から聞かれたりと、話しやすい雰囲気です。週末は若手で集まって飲みに行ったりしています。定時後は他愛のない話をしていたりもします。

学生へのエール

自分自身は学生時代化学工学を専攻していましたが、設備技術部は化学工学、機械工学系の人にとって自分の専攻がそのまま仕事に直結する部署です。よく“大学時代の専攻はあまり役に立たない”と言われたりしていますが、自分の専攻をそのまま活かせることが出来る職場です。