仕事をする上で心がけていること

人生の多くの時間を過ごす会社で、楽しく仕事を行える事が一番だと思っています。周囲の人や環境に感謝する気持ちを大切にし、よく笑うことを心がけています。

name

岩本明久

job

クラリーノ生産・技術開発部 生産技術グループ

major

理学研究科化学専攻

year

2008年入社

仕事内容、やりがい

お客様により満足して頂けるような人工皮革を製造するために、クラリーノ生産工程の改善や生産技術開発を行っています。また、これまで人が感覚的に評価してきた人工皮革の外観や風合いなどを、定量的に評価できる技術の開発を行っています。会社行事でランドセル販売に関わった際、わが子がランドセルを背負った姿を見て母親が感動の涙を流している状況に遭遇しました。私たちは素材だけでなく、感動も創っていたのだと実感できた事が非常にうれしく、そしてより良いクラリーノを創らなければならないと強く感じたことが業務の原動力になっています。

仕事で一番大変だったこと

入社したての頃、あるパイロット設備立ち上げの主担当者になりました。何をしていいのか右も左も分からず、父親ほど年齢の離れた職人気質の現場の方は冷ややかで、本当につらい時期でした。しかし、根気強く現場の方について回り、設備や作業内容を学んで一緒に汗を流すことで、現場の方にも認められ、多くの方々と様々な議論・試験を行い、立ち上げに成功しました。どんな人でも誠心誠意自分が動けば心を開いていただけるのだと実感でき、今では良い思い出です。

会社の雰囲気や同僚との関係は

生産技術グループは昨年誕生したばかりの部署であり、人員は5人です。入社1年目~40年以上の方まで幅広い世代の方がいますが、全員がフランクにフラットに議論できる雰囲気があります。また、1年目でも責任ある業務を任せてもらえ、出張や生産現場に頻繁に出る機会があり、スキルアップが図れます。生産部全体では、年に1度日帰りのバス旅行を行うなどイベントも多く、昔ながらのアットホームな雰囲気のある部署です。

学生へのエール

孫子の兵法の一説に「彼を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。つまり、自分がどんな人間で何がしたいのかをよく考えて自分という人間を知り、相手(企業)の事を研究し尽くせば、就活という戦いにも負けないという事です。自分を知るためには、とにかく多くの人と関わって、いろんな価値観に触れてみてください。それは新幹線やバスの隣の席の人でも、同じ集団面接を受けた人でも、大学OBでも誰でもいいです。話しかける勇気があなたに広がりを与えてくれ、あなたの魅力を発見するきっかけになるはずです。良い縁がありますように。