仕事をする上で心がけていること

「協調性」と「思いやり」です。仕事ではチームの総合力が大切であり、総合力を高めるにはこの2つが柱と考えています。

name

石津直樹

job

プラント設計部

major

工学研究科材料プロセス工学専攻

year

2010年入社

仕事内容、やりがい

私の部署はクラレや他社の工場の設計・施工管理を行っており、現在私はプロジェクトマネージャーとして他社の新工場建設工事の計画を進めています。この仕事の魅力は「自分で設計した設備が形として見える」、「社内外で様々な人や設備に出会え、常に新しい気持ちでいられる」ことです。

仕事で一番大変だったこと

現在、他社の工場の設計を行っているのですが、当初は客先の要望になかなか応えることができず悔しい思いを多々していました。というのも、この仕事は一部の機器に詳しければ良いという訳でなく、機械・化学・電気・建築全てに精通していなければなりません。客先はエンジニア会社なのだから知っていて当然と考えており、専門外の情報も求めてきます。
そこで、客先との打合せ前には必要と想定される専門外の知識も自ら説明できるよう理解することを心掛け、提案・アドバイスを行ってきました。その結果、その姿勢も評価の一因となり、工場の設計を任せて頂けることになり自信を持つきっかけともなりました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

年齢に関係なく言いたいことを言え、聞いてくれる環境であると思います。プライベートでも世代を超えてテニスやスノーボードに行ったりと楽しんでいます。

学生へのエール

就活初めは会社の名前だけで選びがちですが・・・まず自分がやりたい仕事を決め、その仕事ができる会社を探せば入社してからも後悔しないはずです。また、先輩社員と話す機会がある説明会等に積極的に参加することで、会社の雰囲気が少しでも分かると思います。