仕事をする上で心がけていること

納期までに技術開発を完了するため、目的を明確にし、検討項目に優先順位をつけ、スケジュールを意識して開発に取り組んでいます。

name

森健吾

job

技術開発センター 化学プロセス開発グループ

major

工学部工学研究科

year

2011年入社

仕事内容、やりがい

酢ビ事業に関して、①現行プロセスの生産能力増強や省エネの検討、②量産化に向けたプロセス開発に取り組んでいます。
部署では若いうちからテーマを任せてもらえ、若手だからとかは関係なく、筋が通っていれば意見が反映されるので、面白みややりがいは大きいです。また、研究開発、生産、設備技術といった他部署の方と一緒に協力して開発を進めていくところにもやりがいを感じます。

仕事で一番大変だったこと

ラボ試験をメインとした開発業務から、CAEを用いた解析業務にテーマが変更となったときが一番大変でした。
解析することばかりに気をとられ、必要以上に詳細なモデルを作成し、結果の妥当性を評価する指標(方法)まで十分考えられず、本当に苦労しました。CAEに限らず実験にも共通しますが、効率良く業務を進めるためには解析(試験)する前に結果の予測や評価方法まで考えた上で、解析(試験)することの重要性を学びました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

会社の雰囲気として、穏やかで温厚な人柄の方が多いと感じます。私の部署では個性的な方が多いですが、得意分野については非常に詳しく、仕事で困っていることがあれば気軽に相談できます。また、部署には若手社員が多く、飲み会をしたり、ゴルフや旅行に行ったりなど、仕事以外でも良い関係であると思います。

学生へのエール

研究、部活、サークル、アルバイト、何でもよいと思いますが、何か1つでも自信があるという分野を持っておくと良いと思います。プロセス開発(化工系)では研究開発と生産の架け橋役になることが多いので、他分野の人とのコミュニケーション能力も大切です。最後に、なりたい人物像を身近に見つけることも大事だと思います。