仕事をする上で心がけていること

できるだけ現場に入るということです。現場で起きている現象、日々作業をするオペレーターの話、自分で実際に作業した時の感触などから、課題解決への気づきを得ます。

name

平原正彬

job

技術開発センター 成形技術開発グループ

major

工学研究科機械理工学専攻

year

2013年入社

仕事内容、やりがい

クラレの独自技術によって開発した高機能フィルム「ベクスター」の生産技術開発に取り組んでいます。品質向上、生産能力向上のための各種設備改造や、生産工程途中での欠点検査システムの構築など、ベクスターの生産ラインに幅広く関わっています。
「ベクスター」は新規の事業であり、生産技術もまだまだ確立できているとは言えません。だからこそ、ちょっとした気づきを基にした対策で、大きな改善効果を得られることがあります。自分が行った改善の結果、「いい品質のものが作れるようになった」「作業がしやすくなった」と現場オペレーターに言ってもらえたとき、やりがいを感じます。

仕事で一番大変だったこと

処理速度向上や処理中の異物発生の低減などを目的として、設備改造をした際の出来事です。事前に試験設備を使って効果を確認し、さらに十分な実績を積んでから、他の生産機にも展開をしました。しかし、生産品の処理を開始すると今まで発生しなかった問題が頻発し、不良品ばかり作ってしまいました(3台同時に!)。
私自身が主導で進めていた案件でしたので、当時は応急対策で大変だった覚えがあります。その後、およそ1年かけて本質的な対策を施すことができ、現在、生産機への展開を再チャレンジしたいと考えています。

会社の雰囲気や同僚との関係は

「課題に対しては上司も部下も関係ない」という部署の方針もあり、意見や提案を出しやすい雰囲気だと思います。各課題へのアプローチの方法などは個人個人に任されることが多く、まだまだ経験は浅いですが、比較的自由に仕事ができていると感じています。
また、普段の業務では、設備技術部(機械・電気)の方々と共同で仕事をすることが多いですが、疑問に思うところを聞くと丁寧に教えてくれ、日々勉強になっています。
西条事業所全体を見渡しても若い人が非常に多く、事業所行事のソフトボール大会やサマーフェスティバルは大いに盛り上がるなど、活気にあふれています。

学生へのエール

就職先を決めるにあたり色々と悩むこともあるかと思いますが、出来るだけ多くの人の話を聞いてください。
私の専攻(機械)では化学メーカーへの就職は少なく、学生の目も自動車や重工業などの業界に向きがちです。その中で私は、化学メーカーに就職した先輩からも話を聞き、「モノを製造する装置・プロセスを作る」という点に興味を持ち、最終的にクラレに入社しました。
社会人になると、これまでよりさらに多くの人と関わることになります。自分の能力を有意義に使い、周囲の人のためになる仕事ができるとよいですね。