仕事をする上で心がけていること

エバールプラントの設計担当として、プラントの能力増強や品質向上、合理化、安全・環境対策などを目的としたエンジニアリング業務に携わっています。自分が苦労して設計した設備がだんだん形になり、実際に動くところにやりがいを感じます。また、他部署とのやりとりが多く、様々な人と関わることができるところ、海外プラントで働くチャンスが多いところも魅力の一つだと思います。

name

尾下秀太

job

技術本部技術統括部

major

工学研究科機械物理工学専攻

year

2014年入社

仕事内容、やりがい

蒸留塔の能力検討が一番大変でした。専門書に載っている式が適用できない特殊な塔であり、検討をどう進めていくか悩みました。大変だった反面、蒸留塔能力の机上検討・シミュレーション~塔改造・工事~能力試験~結果評価という一連の流れを経験し、設計業務の楽しさを感じることができました。

仕事で一番大変だったこと

蒸留塔の能力検討。専門書に載っている式が適用できない系だったため苦労した。

会社の雰囲気や同僚との関係は

自由で和気あいあいとした雰囲気です。質問や意見がしやすく、業務がスムーズに進みます。週末だけでなく平日も飲み会が開催されるので、お酒が好きな私としてはこの部署を離れたくないと感じています。同期との横のつながりも深く、他事業所から出張してくる情報が入ると必ず飲み会がセッティングされます。

学生へのエール

機械系出身として化学メーカーでやっていけるのか不安がありましたが、研修・勉強会等が多く、化学工学的な知識を一から学ぶことができます。機械や工事を発注する立場となるので、機械メーカーとは違う魅力があります。