仕事をする上で心がけていること

常にプラス思考でいることを心掛けています。仕事をする上で、成功する事よりも失敗する事の方が多いです。その時に、暗い気持ちにならず、失敗をしっかりと反省した後は、気持ちを切り替えて仕事に取り組むよう心掛けています。

name

田中龍之

job

設備技術部

major

量子プロセス理工学専攻

year

2015年入社

仕事内容、やりがい

仕事の内容は、「ポバール・エバール」の電気・計装設備の設計業務です。学生時代の勉強や研究とは違い、自分の仕事の成果が、設計後の工事ですぐに形となり、良くも悪くも目に見えて結果が出るということが、この仕事の面白さであり、やりがいだと思います。必死になって設計した設備が、無事に完成したときの、感動と充実感は他では味わえません。

仕事で一番大変だったこと

配属直後に担当した、生産トラブルの改善工事が一番大変でした。必ず結果を出さないといけないというプレッシャーと、初めての設計の仕事で、何をやっていいか分からず、ゴールが見えないという不安感がありました。自分で徹底的に考え、調査すると共に、部署の枠を超えて、様々な方と何度も相談や話し合いをしました。結果、無事に設備の改善工事を終えることが出来ました。この経験を通して、やれば出来る!という自信がついたと共に、クラレは人と人のつながりの強い会社だと実感しました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

仕事をする上で、機械設計の方、生産の方など、部署を超えて様々な人と接して、業務を進めることが多いです。その中で、楽しい方が多く、話し合いなどをする上でも、風通しが良いと感じています。 また、所属する電装グループも、自由な雰囲気で非常に居心地が良いです。

学生へのエール

どんな職場・会社を選ぶべきなのか?私は、自分らしく働けて、自分らしく生活が出来る職場を選ぶべきだと考えています。そのために、自分という人間について、しっかりと考えてほしいと思います。(何が好きで、何が嫌いなのか?将来、どうなりたいのか?どんな雰囲気で、どんな人と働きたいのか?)そして、後悔しないように、本気で就職活動をしてください。応援しています。