仕事をする上で心がけていること

現象を定量的に評価することを心がけています。定性的な表現では誤解を招くことが多いため、情報共有を行う際は数値データとして表現し、議論するようにしています。

name

竹下俊光

job

アクア事業推進本部 膜・モジュール生産技術開発部

major

工学研究科機械工学専攻

year

2015年入社

仕事内容、やりがい

当部署では液体から不純物を取り除く分離膜の製造を行っており、私は新製品の技術開発や実地試験などを担当しています。開発した技術が新製品に搭載され、世界中に販売されていくことは非常に達成感があります。また、実地試験ではお客様と直接お会いするため、生のニーズや反応を知ることができ、非常に手ごたえを感じています。

仕事で一番大変だったこと

部署でもあまり例のない案件の技術開発担当として取り組んだことです。特にその案件は顧客への販売に直結する案件だったため、期日も厳しいものでした。技術的な蓄積なども少ない中で、周囲と議論を重ねつつ、実証試験を実施し、成果が得られたことは一つの自信になりました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

若手に仕事を任せてくれる社風だと思います。部署の重要テーマを担当できるというやりがいと同時にプレッシャーもありますが、それが自分自身の成長に繋がっていると思います。また、同僚の方々は相談しやすく、その時々に必要なアドバイスをいただけるため、非常にありがたいと感じています。

学生へのエール

仕事を行う上では、自らの専門性を高めることも重要ですが、それ以上に幅広い視野が必要です。その仕事の意味を意識しなければ、仕事に価値を与えることはできません。様々な情報に触れる姿勢が大事だと思います。