仕事をする上で心がけていること

我々が考える製造プロセスは、生産部署で何万倍ものスケールで実施されます。よって、日々のラボでの実験が、生産部署で実施する上で問題がないか常に意識しています。

name

竹田明展

job

ファインケミカル研究開発部

major

理学研究科化学専攻

year

2006年入社

仕事内容、やりがい

私が所属しているファインケミカル研究開発部では、今までに培ってきた有機合成技術、触媒反応技術を駆使し、機能性材料原料、電子材料原料などの開発を行っています。
ものづくりをやりたいと思い会社に入りましたので、生産部署で自分が考えた製造プロセスを実施し、ラボでは取れないような量の製品が一気に取れた時にはやりがいを感じます。

仕事で一番大変だったこと

大学時代は、ある程度時間をかけて研究成果を出せばよかったですが、会社での開発では決められた納期までに仕事を完成させる必要があります。電子材料関連のテーマで顧客から短期間の納期でサンプルを求められ、それに対応するため、限られた納期の中でラボ実験を繰り返し行い、サンプル合成を行ったことは大変でした。しかし、その頑張りが実り、顧客に採用されたときは非常にうれしかったです。

会社の雰囲気や同僚との関係は

ほぼ毎年新入社員が配属される部署なので、若い人が多い部署です。大学時代には、有機合成、触媒反応を専攻としていた人が比較的多いです。先輩方は合成のスペシャリストであり、わからないことがあれば気軽に質問ができ、的確なアドバイスがもらえます。

学生へのエール

説明会などを通して、その会社の雰囲気を知ることは重要だと思います。文字だけの情報ではなかなか社風は見えてこないと思います。また、技術系の面接の場においては、自分の研究のどこが新しく、どこを工夫し、どんな問題があってどのように克服したかなどを堂々と説明できれば自ずと結果はついてくると思います。