仕事をする上で心がけていること

常に「Why」を意識して働いています。

name

平形周太郎

job

クラレトレーディング㈱ 樹脂・化学品事業部 エラストマー部

major

法学部法律学科

year

2012年入社

仕事内容、やりがい

クラレが世界で初めて工業化に成功した新規のアクリル系エラストマーであるクラリティ®の国内・韓国市場の営業担当をしています。
既存ユーザーへの需要確認や、技術サポートに加え、問い合わせのあった新規ユーザーへ訪問し製品紹介をしたり、商社さんを通じてより広くクラリティ®の紹介をしたりしながら、可能性のある市場・用途の探索をしています。
クラリティ®は言ってしまえば「この世の中に無かったポリマー」なので、その用途展開を通じて顧客・世の中へ新たな価値を提案出来るのは一つの大変大きなやりがいです。
一方で新規材料ならではの宿命もあります。ユーザーからしてみればクラリティ®が無くても既存の商売は既に成立しています。
その中でクラリティ®を採用して頂くには、費用・性能・市場性を考慮の上で首を縦に振らせなければなりません。
首を縦に振らせるには、顧客の声に真摯に耳を傾け、クラリティ®の持つ可能性と顧客の課題の解決を結びつける役割を自らが担っている事を強く自覚してフォローする必要があります。よく素材の営業というと格好の良い「提案型・発信型営業」と思われがちですが、実際はユーザーの用途情報・現状の課題を聞き出し、そこで初めて材料を用いた「提案」が浮かび上がりますので、「対話型」であるべきなのです。この提案に繋げていく過程が非常に大変なのですが、これも新規材料を担当して営業・マーケティングをする上での一つのやりがいであると感じています。

仕事で一番大変だったこと

入社3年目の秋に突然クラリティ®を扱う担当部署への異動を告げられた事です。
元居た部署はどちらかと言うと汎用の製品を担当していた部署で、仕事の内容もどちらかと言うと既存ビジネスのマネージメントと、在庫・ロジスティクスの監督的な要素が多いものでした。そんな中で先述の通り、急に新規材料を扱う部署に異動になりましたので、物事の考え方に適応するのに時間が掛かりました。汎用に近い製品は、比較的一方的な発信型の営業でも、その内ビジネスの種が拾える可能性もあります。しかし新規材料を扱う場合は顧客の声をより重視する「対話型」の営業的素地が多く求められますので、自分の営業スタイルを変えるべく日々悪戦苦闘しています。
また事業運営上も以前いた部署で効率化されているやり方を単純に移植するのではなく、新規事業としてはもみくちゃになる時期も非常に大事である事が分かってきました。人の話を聞き、変に手を抜いたやり方をせず、事業を育てる一員としての働き方を意識出来るように日々働くよう心掛けています。

会社の雰囲気や同僚との関係は

会社の雰囲気は部署単位で一概に言えないとは思いますが、少なくとも私の所属部署は風通し良く働いていて大きなストレスは感じたことが有りません。上司・先輩・後輩問わず、仕事中・休憩中問わず、くだらない話で盛り上がったりすることもあり、とても和気あいあいとした雰囲気であると思います。お酒が好きな人はお酒が好きな上司・先輩が必ず周りに居るので仲良くしていればちょこちょこ誘ってくれるでしょう。お酒が嫌いない人は距離を置いておけばそんなにしょっちゅう誘われる事は無いでしょう。(と言ってもたまには行きましょう、と優しく声をかけてくれるはず。)
また何よりも同期の仲が良いです。お昼休みも東京本社の休憩室に行けば必ず誰かしら同期はいますし、休日や仕事上がりに飲みに行ったり、一緒に遊びに行ったりも良くしています。プライベートの話ももちろんですが、仕事の話が出来る同年代の人はやはり同期以外はなかなか作れません。同期の人数もそんなに多くないので、そういった意味で同期のコミュニティーは比較的作り易い環境にあると思います。

学生へのエール

就職活動は自分としてどんな働き方が向いているか、自分と向き合う時間だと考えてください。変にブランドイメージや先入観を持たず、広い視野で色々な会社・人に会うことにより真に自分と向き合える時間となると思います。