仕事をする上で心がけていること

わからないことはすぐに確認することです。前もって、自分の考えをまとめることも心がけています。避けるべきは無知を晒すことでなく、無知のままで仕事が進まないことだと思います。

name

河野鷹行

job

PVB開発部

major

工芸化学研究科物質工学課程

year

2016年入社

仕事内容、やりがい

5年後の上市を目指し、機能性自動車の合わせガラス用中間膜の開発をしています。電気自動車、自動運転等の新しい技術にわくわくしつつ、要求される性能の高さに毎日四苦八苦しています。性能・法規制・製造プロセス・コスト等の課題を研究所・生産部・販売部の方たちと話し合いながら解決できたときにやりがいを感じます。

仕事で一番大変だったこと

大学の研究室に滞在し(1か月の内1週間)、共同研究に取り組んだことです。部内に研究分野の専門家はおらず、はじめはどこから着手するべきか分かりませんでした。しかし、派遣先の先生方と議論しながら、本当に一歩ずつですが、検討を進めることができました。通常の業務もあり、限られた時間で進捗を管理する難しさも経験しました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

技術交流会、ボウリング大会、地域の祭り等のイベントを通して、部署の垣根を超えた交流を深める風土があります。実際に、イベントで顔馴染みになった人に仕事の相談をすることも多いです。一方で個人を尊重し、受け入れる雰囲気があり、昼休みは社内英会話をする人、テニポンをする人、ランニングをする人等様々です。

学生へのエール

内定がゴールではありません。就職してからやりたい仕事、理想の生活等を想像しながら就職活動をするとうまくいくと思います。私はグローバルな環境があり最先端の技術を持つ会社で働くためにクラレを選びました。