仕事をする上で心がけていること

自分の知識、技能の幅を広げることを心がけています。仕事は新しいことの連続です。新しいことに対して興味を持ち、できることを増やしていくことが重要だと考えています。

name

石内聡史

job

エバール研究開発部

major

工学研究科合成・生物化学専攻

year

2016年入社

仕事内容、やりがい

現在は新規エバールの開発を担当しています。エバールはクラレの中でも歴史の長い樹脂ですが、現在でも用途や販売量の拡大が進んでいる事業であり、世の中を変えることに携われている実感があります。開発品の評価を進めていく中で、思わぬ発見があることもあり、そういった点が研究開発のおもしろさだと思います。

仕事で一番大変だったこと

大学時代は有機化学を専攻していて高分子化学に馴染みがなかったので、はじめの頃は高分子の考え方や評価方法を理解し、仕事を進めることに苦労しました。わからないことを上司や先輩、現場の作業員の方々に聞くことによって、周囲との信頼関係を築くことができ、仕事を進める上で周囲とのコミュニケーションが重要だと感じました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

上司、部下や先輩、後輩の壁は低く、気軽に意見、相談しやすい雰囲気だと思います。困ったことがあって相談した時には自分が求めていることプラスアルファで様々な情報を教えてくれる方が多く、いつも助けられています。

学生へのエール

就職活動は自分を見つめ直す良い機会だと思います。私は化学の力で人々の生活を変えるモノ作りがしたいと考え、素材メーカーを志望しました。会社で何をしたいかじっくり考えて、自分に合う会社を見つけてください。