仕事をする上で心がけていること

限りある時間の中でよく考えて効率的に検討を進める為に、目的意識(なぜやるのか?)と検討の具体化(いつまでに何をやるべきなのか?)を心掛けています。

name

川北展史

job

つくば研究センター 成形・加工研究所

major

工学府応用化学専攻

year

2009年入社

仕事内容、やりがい

材料開発~成形加工~物性評価まで一貫した体制の下で、自社独自材料を活用した機能性フィルムの開発に取り組んでいます。
材料をいかに使いこなして機能を有したフィルムにするかという検討や、逆に物性評価や成形加工性の面からどのような材料設計をしたらよいかという検討など、各領域のメンバーとのチームワークを通じて新しいモノを創り上げていくことにやりがいを感じています。

仕事で一番大変だったこと

開発フィルムのスケールアップ検討です。大型の生産実機での検討に向けて、ラボ試作は勿論のこと、関連部署と密に連携を取りながら、事業所を跨いだパイロットスケールでの試作を繰り返しました。パイロット試作では、ラボで大丈夫だったことが問題となることもあり、原因究明および実機検討に向けた対策に苦心しました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

風通しが良く、業務に関することに限らず、ざっくばらんに色々な話や相談ができるような雰囲気です。一方で、技術検討会や小集団での検討打合せ等では、厳しい指摘も含めて活発な議論があり、メリハリのある環境といえます。

学生へのエール

就職活動はこれまでの自分を見つめ直す良い機会です。自己分析をしっかり行い、「自分がどのような人間なのか?」、「何をやりたいのか?」をじっくり考えることが自身の更なる成長に繋がると思います。ぜひ就職活動を自分にとって実りあるものにして下さい。