仕事をする上で心がけていること

楽しく仕事をすることです。辛い仕事でも捉え方次第でやりがいや面白さを見出せます。そうすればどんな仕事でもポジティブに取り組むことができます。

name

髙山拓未

job

くらしき研究センター 酢ビ系高分子研究所

major

工学府物質創造工学専攻

year

2011年入社

仕事内容、やりがい

当社の強みである「酢ビ系材料」に関する、新規事業創出及び基盤技術強化に向けた研究開発を担当しています。
全社酢ビ系研究拠点として、合成・重合・変性といった基礎技術の検討をベースに、他研究所や事業部と連携しながらプロジェクトを進めています。日々新たな発見があり、同時に課題も顕在化し、そうした壁をチーム一丸となって一つ一つ乗り越えていく過程にやりがいを感じます。将来的には、酢ビ系材料が抱える永年の課題を解決できるような画期的な技術を開発し、新事業を創出できればと考えています。

仕事で一番大変だったこと

一番大変な経験というよりは日常的なものですが、日々の研究開発において、技術的な課題に対し、仮説を立てて試行錯誤するものの出口が見えないことが多々あります。期待しては失敗の繰り返しで、精神的にも辛い時期が長く続きます。逆に言えば、そうした中でようやく答えにたどり着いた時の達成感は何事にも替え難いものであり、研究開発の魅力でもあるといえます。

会社の雰囲気や同僚との関係は

私は入社前に一度研究所を見学する機会があり、その時に感じた社員の方々のあたたかさが入社の決め手の一つとなりました。入社後もその印象は変わりません。
同僚との関係も良好で、議論や雑談を交えながら頻繁にコミュニケーションをとっています。困ったときはお互い助け合う風土で、仕事的にも人間的にも尊敬できる先輩も多く、非常に良い環境で仕事をさせていただいています。

学生へのエール

入社後の自分の仕事がイメージできない方も多いのではないでしょうか。そのような方はぜひ、社員の生の声を聞く機会を活用してください。社員側としても自分の経験を活かしてもらいたいという思いで座談会等に参加していると思います。ありきたりな内容ではなく、自分が本当に気になっていることを質問してみましょう。