仕事をする上で心がけていること

コミュニケーションを大切にするようにしています。会社の中で、一人きりで出来る仕事はそう多くありません。色々な人と共に働く上で非常に重要だと感じています。

name

吉田亜実

job

くらしき研究センター 構造・物性研究所

major

環境科学研究科環境科学専攻

year

2012年入社

仕事内容、やりがい

主に顕微鏡を用いた当社製品の分析を通して、製品の性能発現機構の解明、不良品への対策等に携わっています。またそれと並行して、分析技術の新規確立にも取組んでいます。
分析結果をもとに具体的な対応策を提案し、それが狙い通り性能の向上や問題の解決に繋がるととても嬉しく思います。また新規に確立した分析技術を用いることによって、これまで分からなかった原理・原則が明らかになった時等も、やりがいを感じます。

仕事で一番大変だったこと

組織編制等のため、入社2年目から顕微鏡分析に携わる研究員が自分1人しかいないことが大変でした。
原理の理解や実際の観察手法の習得、新規に導入すべき技術の選定等、基本的には全て自力で取り組まなくてはなりません。最初の頃は時間ばかり掛かってなかなか効率的に動けず悩みましたが、今は慣れてきたこともあり少し改善されていると思います。

会社の雰囲気や同僚との関係は

自由闊達な雰囲気があると思います。上司・先輩とも気兼ねなくディスカッションできますし、またそうすることを求められています。
役職に関わらず、データの前では皆一人の研究者として扱われていると感じます。また皆何かしら「これは社内で私が一番知っている!」というような領域を持っているので、ディスカッションも刺激的ですし、自身の更なるレベルアップへのモチベーションにもなっています。

学生へのエール

現時点でのご自身の専門分野にこだわり過ぎず、色々な企業を様々な観点で研究されると良いと思います。
私自身、学生時代は無機化学や電気化学を学びましたが、素材の良さが鍵を握る中間素材メーカーで働きたいと思い、また社員一人一人の裁量の大きさに惹かれてクラレに入社しました。現在は、金属に比べるとかなり柔らかい高分子材料を取り扱っていますが、充実した会社生活を送れていると思います。