仕事をする上で心がけていること

企業の研究開発では、大学と異なりスピードが求められます。CAEにおいてもできる限り簡単な計算モデルで現象を把握するように心掛けています。

name

大門竜也

job

つくば研究センター 光学材料開発グループ

major

理工学研究科総合デザイン工学専攻

year

2013年入社

仕事内容、やりがい

CAE(Computer Aided Engineering)解析の業務を担当しています。CAEとは、理論式に基づいて現象を把握、分析するシミュレーションツールのことです。私はこのCAEを使って、開発中の製品に予想される品質低下の要因究明や、その解決策の提示と検証を行い、研究開発の加速に結び付けています。
この仕事のやりがいは、CAEをうまく活用することで、試験に先行して検討指針や課題解決策を示し、当社の研究開発を先導することができる点です。自身のアイデアによって製品をより良いものとすることができます。また、事業所問わず様々な部署の課題解決に貢献できる点にもやりがいを感じています。

仕事で一番大変だったこと

シミュレーションツールに全く触れたことが無かったため、ソフトの操作方法、結果の解釈の仕方、検討の進め方を身に付けることが大変でした。先輩の指導やセミナーへの参加、日々の実践で身に付けていきました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

良好と感じています。先輩社員、同期、後輩いずれも議論し易い、話し易い環境です。

学生へのエール

新たな分野に飛び込むとこれまで見えていなかった新たな発見があります。今一度自分のしたいこと、なりたい姿を思い浮かべて、本当にやりたいことを考えてみてください。