仕事をする上で心がけていること

とにかく動く。困ったときは一人でじっと考え続けるよりも、周りに相談したり、試しに実験してみたりと試行錯誤してみる。すると思わぬところに解決策やひらめきが!

name

藤井彩花

job

くらしき研究センター 構造・物性研究所

major

工学府化学システム工学専攻

year

2014年入社

仕事内容、やりがい

自社製品の分析を担当しています。新製品となる可能性の高い、開発途中の素材を分析する際は、特にやりがいを感じます。その素材特有の物性や狙っていた構造を見つけられたときはとても嬉しいです。また全社から分析の依頼がくるので、現在の自社の製品について幅広い知識を有することができます。自分の意識次第で、オールラウンダーにもスペシャリストにもなれる部署だと思っています。

仕事で一番大変だったこと

現在海外の生産ラインで生じている問題の解決をテーマとして取り組んでいるのですが、分析自体の難しさはもちろん、言語や時差といったコミュニケーション面での大変さも感じています。分析サンプルに対する質問のメールや電話会議の際はまだ苦労していますが、テーマが完了する頃には国内・海外関係なく、依頼をスムーズにすすめられるようになりたいです。

会社の雰囲気や同僚との関係は

自分の考えを述べたり、自分で考えて行動する機会が多い会社だと思います。ただ上司に指示されたことをするのではなく、自分の考えや意見を上司としっかり相談した上で、次の行動を決定することが多いため、仕事に対する責任感や達成感が高まります。
人間関係も良好で、週末や平日の夜に部署の方や同期と飲みやご飯に行くことが多々あります。困ったときには相談もしやすく、環境に恵まれているなと感じることがよくあります。

学生へのエール

就職活動は人生の大きな決断点の一つであり、悩むことだらけだと思います。事実、私もたくさん悩みました。私の場合は自身の将来像を思い描いた際に、一番フィットする会社は?と考え、クラレに入社しました。
仕事内容だけでなく、社員の雰囲気や勤務地等々、色々な側面から考えて、最もフィットする会社を選ぶことが大切だと思います。最後の学生生活をしっかり満喫しつつ、就職活動全力で頑張ってください。