仕事をする上で心がけていること

物事をわかりやすく伝えること。どんな原理で何が起きているか、どんな戦略で何をするか、自分の考えが相手にしっかり伝わることが仕事を進めるうえで不可欠だと思います。

name

立川賢悟

job

くらしき研究センター 電池材料研究所

major

工学研究科応用化学専攻

year

2016年入社

仕事内容、やりがい

リチウムイオン電池や次世代電池をターゲットにした新規の炭素材料の開発を担当しています。社内で扱ってきた従来の材料に限らず、幅広く検討を進めています。ユーザーに近い研究開発であるため、良い性能が出るとサンプルを評価したいと言って頂けることにやりがいを感じます。また、次世代の事業の柱を自分達の手で作り出す仕事をしている点も魅力的です。

仕事で一番大変だったこと

入社2年目の初めに、社外設備でスケールアップ試験に取り組んだことです。少量では起きなかったトラブルが発生してなかなかうまくいきませんでした。大型設備へスケールを上げると、ラボでは簡単だった原料調製でさえ非常に大変でした。しかし、社外との連携やスケールを上げた試験は良い経験となりました。成果が出れば、若手でも果敢に挑戦させてもらえる環境なので、楽しく仕事に取り組めています。

会社の雰囲気や同僚との関係は

上司や先輩には気さくで優しい方が多く、化学の話から世間話まで何でも気軽に話せるフランクな雰囲気で仕事をしています。また、部署の仕事が社内で評価され、表彰を頂いた時は賞金を使って、部署全員で祝賀会を開いたりしています。同僚とは、週末に飲みに行ったり、スポーツをして遊んだり、楽しく過ごしています。

学生へのエール

大学で培った力は会社でも十分に役に立つので、しっかり研究に打ち込んでください。また、入社後も勉強することはたくさんあるので、今の内から、積極的に自分の専門以外の分野に触れて、視野を広げてみて下さい。