仕事をする上で心がけていること

またこの人と一緒に仕事がしたい、と思われるよう心掛けています。

name

笠松昭允

job

購買・物流本部 機材部

major

経済学部

year

2015年入社

仕事内容、やりがい

工場で使用されるユーティリティ設備の購買業務を担当しています。一口に購買業務と言うとイメージしにくいかもしれませんが、例えば工場の自家発電に用いるタービンが必要となった際、製作できそうな企業を選定し、価格交渉を行い、契約を結ぶまでが私の仕事です。取引先の価格交渉は、先方との利害の対立がある中で、双方満足のいく価格で決着できるよう落としどころを探っていきます。その過程が大変ではありますが、同時に相手への理解、購入品への知識など勉強になることも多く、やりがいを感じることが出来ます。

仕事で一番大変だったこと

価格交渉を行う以上、どうしても言いにくいことを取引先に伝える場面が出てきます。私はこれまでの人生で「値切る」という行為を行ったことが無かったため、最初は非常に抵抗がありました。しかし、自分で調べた情報を元に論拠を持つ事で、自信を持って主張できるようになりました。また、伝えるべきことは伝えつつ、誤解の無いようにするため、言い方にも気を配っています。

会社の雰囲気や同僚との関係は

風通しの良い雰囲気で、困ったときはすぐに周囲の方に相談に乗って頂けます。個人の裁量が比較的大きい分、第一線で活躍されている方ばかりで、人柄や仕事振りなど、「この人のようになりたい!」と憧れる人が何人もできました。

学生へのエール

職場の雰囲気が自分に合っているか、何となく感じた事も大切にしてください。「自分のやりたい仕事ができる企業」という視点も大切ですが、志望した企業に入社できても、イメージ通りの部署に配属されない可能性もあります。居心地の良さといった理由が意外に最後の決め手になることがあります。そのためにもできるだけ多くの方の話を聞くことが大切です。