仕事をする上で心がけていること

実際に自分の目で見たり、体験したりする機会やチャンスがあれば、それを大事にするようにしています。モノを扱うメーカーマンにとって、自分の目で見たり、手で触ったりしたことから出る発言と、聞いただけの発言では大きく差が出ることを最近よく感じています。

name

吉田直樹

job

EVAL Europe nv

major

外国語学部国際文化学科

year

2007年入社

仕事内容、やりがい

エバールフィルム・クラリスタの欧州エリア販売・マーケティング・技術サービスを行っています。希望していた海外での営業担当なので、色々な国に行けることが仕事のやりがいです。また、新しい顧客を開拓することも大変ですが、やりがいがあります。

仕事で一番大変だったこと

2010年にエバール事業部に異動して半年間は非常に大変でした。扱う製品が大きく変わった上、顧客で問題が頻発したタイミングで、前任者が海外に異動となってしまいました。問題の収拾に向けて、部署の上司・同僚・生産・開発と協力し、顧客へ対応したことで社内・社外ともに、信頼を得ることができました。当時は本当に終わりがないかと思いましたが、後から考えると非常に良い経験になりました。

会社の雰囲気や同僚との関係は

現在は海外現地法人のエバールヨーロッパ(ベルギー)にいるため、日本の本社とは少し雰囲気が違います。日本に比べると規模が小さいため、アットホームな感じです。アントワープエリアは、オランダ語圏ですが、英語が通じるエリアのため、コミュニケーションが取りやすいです。

学生へのエール

学生時代に、いろんな世界を見ることは大事だと思います。趣味、旅行、勉強、バイト等社会人になるとすることが難しいことにチャレンジしておくべきだと思います。視野広くすごしてください。就職活動は、諦めず、やり抜くことで納得できる結果が出ると思います。頑張ってください!