仕事をする上で心がけていること

仕事とプライベートにメリハリをつけることです。どんなに忙しくても趣味の時間をとるように心がけており、とくに運動は趣味と健康維持を兼ねています。

name

津守秀彦

job

技術本部技術統括部

major

工学部機械工学科

year

1995年入社

仕事内容、やりがい

海外事業所における設備投資検討を日本からサポートする業務を行っています。
95年に入社以来、生産技術開発、設備設計を国内・海外で担当し、それらの経験を通して得た技術的な知識、海外駐在員生活で得た知識を最大限活かす事のできる業務にやりがいを感じています。

仕事で一番大変だったこと

現在の業務はやりがいを感じるとともに、大変さ、責任の重さを感じています。
海外ローカルスタッフ、日本駐在員とともに設備投資の検討を行い、かつ日本側との連絡、意見調整を実行する立場であり、多種多様な専門知識、文化背景などを持った方達の意見をまとめ、投資提案を遂行する仕事は、まず相手のことを理解することから始まると思っています。
自分の常識は相手の常識ではないことを日々痛感しており、相手の真意をはかりつつ自分の意見も理解してもらいながら業務を進めています。非常に根気が要りますが、今後海外だけでなく、日本国内でも仕事を進める上で必要な経験、糧と思って仕事をしています。

会社の雰囲気や同僚との関係は

現在の業務が大変と述べましたが、自分ひとりでは決して業務は進めることはできず、まわりの人と協力しながら仕事を進めることができていると実感しています。相互に協力する体制ができており、同僚、職場の雰囲気は良いと思います。

学生へのエール

なかなか答えは出ないかもしれませんが、自分がしたいことをしっかりと考えて、希望する会社に入社できると良いですね。もしクラレに入社されて、一緒に仕事をすることがありましたら、その時はよろしくお願いします。