生産技術開発/設計
社内外の数多くの人と大きな仕事を
成し遂げる達成感。
岡山事業所 設備技術部 クラリーノ/クラレックス設備技術グループ
片田 裕也
2013年入社
機械物理工学専攻

ある工程に関して設計責任者として課題解決をめざす

大学で開催された会社説明会で、クラレの担当者が「機械系を積極的に採用したい」とアピールしていたのを聞いて、化学メーカーで機械系技術者がどのような仕事に取り組めるのか興味を持ったのが入社のきっかけとなりました。入社以来、岡山事業所にて主に〈クラリーノ〉の生産設備の設計業務に携わっています。現在、生産設備の新規導入や更新が活発に行われており、私は一つの工程に関して設計の責任者として課題の解決に取り組んでいます。設備を新しくするということは、コストをかけた分、それ以上の付加価値を生み出す必要があります。生産収率や品質の向上、安定稼働をはじめ、より安全に生産ができるように作業環境の改善なども求められます。こうした課題を解決するには、まず生産現場の実情を徹底的に把握する必要があります。その上で現場に本当に求められる設備を検討していきます。

自らの設計による設備の働きをダイレクトに実感

設計業務というと、黙々と図面を描く仕事と思われるかもしれません。しかし、クラレでは仕事のイメージは大きく異なります。何よりやりがいを感じるのは、設計から設備の据えつけまで一貫してかかわることができる点です。それによって、自分が設計したものがどのように動き、巨大な生産ラインの中で製品づくりにどのように役立っているのかを間近で見ることができます。同時に、生産に携わるオペレーターの方から設備の使い勝手などの感想を直接聞くことができ、次の設計に役立てることができるのです。「今回の設備は操作がしやすい」「トラブルが少なく、メンテナンスがしやすい」といった評価をいただくと、設計者としてこれほどうれしいことはありません。また、設計から据えつけまでの過程で、生産や開発などの社内部門をはじめ、商社や機械メーカー、施工会社などさまざまな人とかかわることができ、話し合いを通じて幅広い知識を身につけることが可能です。

チームで取り組んだ省エネ活動で大きな成果

私にとって大きなチャレンジが、2015年から参加した生産設備の省エネルギー活動でした。これは生産活動時に消費するエネルギーコストを節約するためのものです。目標は現状に対して8~10%の大幅な節約。従来より省エネ活動は継続して行っており、もはや節約など不可能と思いがちです。しかも、半年という限られた期間の中で結果を出すことが求められました。この高いハードルに対して、チームのメンバーはアイデアを出し合い、目標の達成に向けて突き進んだのです。面白いことに一人では思いつかないようなアイデアが、チームでの話し合いの中から生まれてきました。しかも、アイデアの検証や実行まで一気に進み、結果的に目標を成し遂げたのでした。プロジェクトを成功させた達成感とともに、何事も一人で抱え込まずに周囲の人と協力し合うことの大切さを学んだのです。これからも生産現場から信頼される技術者をめざして、実績をつんでいきたいと思います。