生産技術開発/設計
生産現場のものづくりに対する
熱い思いに応える設備をつくる。
鹿島事業所 設備技術部 設計グループ
伊藤 光
2014年入社
化学工学専攻

オンリーワン、ナンバーワンのクラレで実力を試したい

就職活動時、工場を見学した際、各種の生産設備が整然と並んでいるのを見て美しいと感じました。大学の講義を通じて蒸留塔や熱交換器は知っていたものの、実際に巨大な設備を目のあたりにして、自らも化学プラントにかかわる仕事に就きたいと思いました。また、挑戦するならばオンリーワン、ナンバーワンの製品を数多く提供しているクラレで力を試してみたいと入社を決意したのです。現在、熱可塑性エラストマー〈セプトン〉や液状ポリイソプレンゴム〈LIR〉の生産設備の設計業務を担当しています。これらの製品の需要が拡大する中で、生産能力の増強を目的とした設備の増設工事や、既存プロセスの運転安定性能の向上を意図した設備の改善などを手がけています。

製品の品質を左右する工程の改善を任される

〈セプトン〉に関しては、入社1年目の秋から運転安定性能の向上を目的とした新設備の検討を任されました。具体的には重合反応によってつくり出したポリマー中の液分を分離する工程の改善です。低価格、高品質の製品づくりのためには製品の収率の向上や異物混入対策が欠かせません。一見、簡単なことのように思えますが、オンリーワンの製品の持つ独自の特性により、生産上の取り扱いが難しく、これらの対策が困難な工程でした。製品の品質にかかわる工程の改善を任され、意欲満々であったものの、いざ取り組んでみると課題の解決はそう簡単ではなく、試行錯誤の連続でした。メーカー各社から情報を集めて机上検討を行った後、必要に応じて実機での試験を繰り返しては目的にかなう設備を追求していったのです。現場の意見なども聞きながら、ついには最適と思われる設備にたどり着くことができました。現在は新設備の設置工事に向けて詳細設計を行っている段階で、安定運転で目標品質を達成できるように奮闘しているところです。

自らが生み出したアイデアを設備に反映できる

クラレでは、技術者一人ひとりが新人時代から何事も主体的に考え、行動することが求められます。また、業務における課題も「だれでもできる」というものはありません。常に難易度の高い課題に挑み、目標をクリアしなければなりません。日々プレッシャーとの闘いといえますが、自らが生み出したアイデアを設備に反映できるという面で、この上ないやりがいがあると感じています。私がめざすのは、生産に従事する現場の人々が運転しやすく、より安全な設備の設計です。これまで工場実習などを通じて現場の先輩方と交流する機会が度々あり、ものづくりにかける熱い思いを何度も耳にしました。今後もこうした情熱にしっかり応えられる技術者として成長し、いずれは海外プラントの建設を一から手がけられる存在になりたいと願っています。