生産技術開発/設備技術開発
「未来での貢献を見すえて、
新製品の創出に役立つ
試験設備の開発に打ち込んでいます。」
倉敷事業所 設備技術部 設計グループ
中鉢 辰也
2013年入社
工学研究科修了
私の仕事

〈エバール〉およびポバール研究開発部における設備技術開発を担当しています。中でも、新たな製品を開発するための試験設備を手がけています。1台でさまざまな試験を実施するため、数多くの機能を持たせる必要があり、オリジナルな発想が欠かせません。ハードルの高い技術課題を乗り越えて、設備という形にしていくのが私の役割です。

配属後ただちに開発課題。任されたことのやりがいと解決の難しさの両方を実感。

現在、当社の主力製品である〈エバール〉やポバールの設備技術の開発を担当しています。その中で、研究開発部のもとで新製品の開発に欠かせない試験設備の設計を主に手がけています。まったく新しい素材やフィルムなどの部材を製品化するため、さまざまな試験を実施する設備をつくり出す必要があります。製品が画期的なだけに試験設備も特殊な物が多く、しかも1台でさまざまな試験ができるように、多岐にわたる機能を持たせなければなりません。研究開発部から求められる仕様に応じて、オリジナルな発想を活かしながら、最適の試験設備を生み出すために日々技術的な課題に挑んでいます。
入社当初、バイオマテリアル部にて骨補填材料(人工骨インプラント)の生産設備の設計にかかわっていました。この分野は最先端であることから、生産技術が十分に確立されていない面があり、設備を設計する以前に生産技術の開発が求められていました。
この中で私が手がけたのは、材料の粉砕技術の確立です。当時、収率の向上が大きな課題で、さまざまなアイデアを出しては試行錯誤を繰り返していました。入社してただちに開発課題を任されたことで、気持ちが大いに高まったものの、現実は失敗の連続で開発の難しさを痛感しました。そこで粉砕という加工の原理原則に立ち返り、原点から技術革新をめざしたほか、粉砕機に用いるブレードの形状を何種類も試すなどして課題の解決にこぎ着けることができました。

海外プラントの仕事を想定して、幅広い観点から生産技術の習得に努める。

現在担当している試験設備においても、単に設備の設計ではなく、新しい機能をどう付加するかといった課題に挑戦しています。クラレでは未来を見すえて、今までにない画期的なフィルムの開発を急ピッチで進めています。具体的な取り組みを明かすことはできませんが、ICT(情報通信技術)での用途を想定しているほか、地球環境に配慮したバイオマス由来のフィルムの開発を行っており、こうした製品の量産化を実現するために必要な試験設備を生み出すことが使命です。たとえば、フィルムの透明度を究極まで追求するため、色味の有無を検知する必要があり、その試験方法から設備設計まで検討を行っていきます。
革新的な製品について生産技術を確立するため、限られた時間の中で最適の設備を生み出すのはプレッシャーとの闘いです。しかし入社以来、挑戦の日々を過ごすことができ、技術者として申し分ないやりがいを感じています。また、生産技術の革新を核として新プラントの建造が進むだけに、設備技術の果たす役割はとても重要であるといえます。
それだけに当社で設備技術を極めようとすると、単に機械のことを知っているだけではもちろん済みません。化学や電気などを含めて幅広い知識が問われます。私が特に勉強に力を入れているのがエンジニアリングで、いずれ担当する可能性が高い海外プラントの仕事を想定してしっかり準備をしています。倉敷事業所は当社におけるマザー工場の一つとして要素技術の確立を重視しています。ここで最先端の技術をしっかり身につけ、今後のグローバル展開に貢献できることを夢見ています。

学生へのメッセージ

「今これをやっておけ!」

グローバル展開が加速するクラレで活躍していくためには、部門を問わず英語力が必須です。国内で仕事をするにしても、電子メールは英語が当たり前、電話やテレビ会議も普通に英語が飛び交うだけに学生時代にしっかり勉強しておくべきでしょう。また、自分の専攻を極めるだけでなく、異なるジャンルに対する好奇心が大切です。食事と同様に学科も好き嫌いなしで学ぶ姿勢が大切。一見関係ない分野が思わぬところで役立つことがあるものです。