生産技術開発/エンジニアリング
次世代の生産設備は
自分たちが生み出すという使命感。
西条事業所の技術本部 設備技術統括部 エンジニアリンググループ
浅原 徹
2008年入社
電子情報システム工学専攻

電力から計装、弱電、システム関係までを担当

岡山県倉敷市の出身ということで、高校時代に工場見学で訪れるなどクラレは身近な存在でした。また、大学の先輩が入社しており、公私に渡り活躍している姿を見て会社に魅力を感じていたのが入社の大きな動機です。現在、西条事業所にて当社の主力製品の一つであるポバールフィルムの生産ライン増設工事に携わっています。担当分野は電気計装の設計ですが、電力供給から計装、弱電、システム関係に至るまで幅広い領域をカバーし、それぞれの設備の設計から施工管理、試運転調整まで一貫して対応しています。製品の需要が増える中で、計画通りに増設ラインを立ち上げることは会社にとって重要な課題です。そのために工期を厳守するのはもちろん、限られた予算の中で要求される仕様を達成していく必要があります。また、何よりも安全を大切にするとともに、製品の品質向上、ラインのさらなる拡張、安定稼働といった生産設備としての課題を踏まえた設計を追求していきます。

世界シェアNO.1製品の増産に貢献できるプライド

電気計装設計のリーダーとして、自ら設計業務を担当するだけでなく、メンバーへの業務分担や設計意図の説明、進捗状況の管理なども手がけます。また、工場の安定操業を維持するために細かな生産・保全計画を立て昼夜問わず改善を実施されている現場の方々の声を吸い上げ、トラブル削減や作業性向上を図ることも重要な役割のひとつ。よりよい生産設備の構築に向け、チーム一丸となって解決策を検討します。生産ラインの増設といっても、既設と同じ設備をつくればよいというわけではありません。最新の技術を慎重に吟味した上で採用し、生産プロセス全体を見渡した上での最適化を図るとともに、時代の先を見すえた設備を創出することが使命です。たとえば、品質向上の観点から最先端の光学技術を用いた評価技術の導入を検討中です。また、設備の長期安定稼働を目的に、各装置が連続運転する際の不具合をいち早く知るための予兆検知や寿命診断といったことも大きな課題です。カメラやセンサを用いた現場の「見える化」で変化により迅速に気づく仕組みづくりにも取り組むなど、制御や自動化という従来の電気系技術者の枠を超えて世界シェアNO.1の製品の増産に貢献できることに、大きなやりがいを感じています。

フラッグシップ・プラントを西条事業所から生み出す

世界シェアNO.1の製品づくりにかかわることは、技術者としてこの上ない誇りである反面、いかなる事態が生じても生産ラインを止めてはならないという責任があります。そのため、設計時には地震や津波までも想定して、BCP(事業継続計画)を踏まえた対策を検討します。自らの仕事が、クラレのグローバル展開におけるフラッグシップ・プラントを生み出す、という使命感のもとで、未来に誇れる設備を追求しているのです。今後、西条事業所から生まれた生産ラインが、海外の生産拠点に水平展開されることがあるかと思います。その機会がめぐってきたときにベストを尽くせるように、技術者としての成長をめざしていきたいと考えています。