製品のはてな?

<ノーブルライト>

どうして「大理石」が人工で作ることができるの?

Q そもそも人工大理石って、どんな「つくり」をしているんですか?
A

大理石は深みのある透明感と重厚な質感が特長です。これを表現するため、図のようにメタクリル樹脂に微粉無機物と模様材というものを充填して作ったのが人工大理石なんですよ。

人工大理石の断面図
人工大理石 天然大理石(みかげ石)
A. メタクリル樹脂 石英
B. 微粉無機物 長石
C. 模様材 雲母
Q どうしてメタクリル樹脂が大理石のように見えるのでしょうか?
A

メタクリル樹脂が透明性に優れていること、そして、メタクリル樹脂と微粉無機物の光の屈折率差が適度にあり、透明っぽく見えることから大理石独特の重厚感が表現できるんです。また、メタクリル樹脂を通して内部の模様材粒子がある程度まで見えることで、深みのある質感が醸し出されるんですよ。

Q なるほど。では、クラレのメタクリル系人工大理石の特長は?
A

競合する不飽和ポリエステル系と比べて、次の点がメタクリル系の特長です。

  1. 接着性(加工性)・補修性・耐汚染性に優れている
  2. 傷ついても表面を磨くだけで再現が可能
  3. 汚れがつきにくく、汚れても簡単に落とすことができる
  4. 耐候性に優れているので紫外線で黄変しにくい

天然石にない優れた点としては、次の3点ですね。

  1. 硬質木材と同じように切断、研磨などの加工ができる
  2. 酸やアルカリにも強く、また表面にミクロの穴がないため汚れが染み込みにくい
  3. 工業製品であるため、柄目の均一性や安定した物性など安定した品質を供給できる
Q ところでクラレとしての独自性はどこにあるのでしょうか?
A

同業他社に比べて幅広い製品群があるところですね。

  1. <ノーブルライトKN> 厚い人工大理石の板
  2. <ノーブルライトCP> プレス成形用の成形材料コンパウンド

特に(2)は、世界初のプレス成形可能なメタクリルコンパウンド(メタクリル樹脂と他素材の混合物)で、浴槽やキッチンカウンターとの一体形成が可能です。