クラレデスクトップカレンダー 2018年

画像を「壁紙」として設定することで、ご自分のパソコンでクラレカレンダー画像をお楽しみいただけます。毎月15日頃に翌月のカレンダー画像が本ページにて公開されます。設定・ダウンロードの方法は、本ページの最下段をご参照ください。

2018年版クラレカレンダー 「ひかりのランドスケープ」



心が揺れる瞬間。自然が作り出す造形とひかり、独特の目線が一体となった安念さんの写真には、まるで感情を映し出すような風景が見えてきます。
普段何気なく見ている風景に新しい視点を吹き込んだ安念さんの作品のように、 私たちクラレグループもきょうに新しい価値を積み重ねていく企業でありたい。
そんな思いを込めてできたカレンダーです。


Photographer
安念 余志子Yoshiko Annen
写真館で長く人物写真を撮ってきた私は、自然もみんな“擬人法”で見るクセがついているらしく、
たとえ花や樹でも、その中に気持ちが入り込んでしまいます。いま、この風景はなにを思い、なにを語ってくれているのか。
花の気持ち、樹の気持ち、水の気持ち…。そんな目で撮影した、さまざまな“ひかり”が差し込む風景写真たちを楽しんでいただければうれしいです。

(公社)日本写真家協会会員・(公社)日本写真協会会員・(一社)日本写真文化協会会員。
富山県南砺市生まれ・在住。東京写真大学短期大学部(現東京工芸大学)卒。
高岡市・砺波市にて写真スタジオを経営しながら作家活動を行う。
風景写真の第一人者竹内敏信氏に師事をうける。
著書:「古寺愛歌 井波別院瑞泉寺の四季」「春はめぐりて となみ野 古寺愛歌」「光のどけき」

デスクトップカレンダー

11月 「名残秋」
寒い寒い朝でした。紅葉が終わらない樹々たちも、
こごえ凍る朝、でした。

ダウンロード (1280x1024)

11月

11月 「名残秋」
寒い寒い朝でした。紅葉が終わらない樹々たちも、
こごえ凍る朝、でした。

10月

10月 「予感」
秋の高原は、なにか不思議な予感がする。
揺れる葉っぱを眺めて、この季節を楽しむの。

9月

9月 「初恋」
遠い日の思い出は、こんな淡い色でした。
初めてだれかを好きになったときの気持ち、に近い色。

8月

8月 「光の滑り台」
大きな滝は、まるで光の滑り台。
光がキラキラと滑っていく。気持ちよさそうに。

7月

7月 「空を見上げて」
空を見上げて、覆いかかる葉の中から降り注ぐ
夏の光を、そよぐ風を感じましょ。

6月

6月 「雲と遊ぶ」
雲と遊ぼう。いいお天気の日は、雲がそこまで、
すぐそこまで近づいてくれる気がするから。

5月

5月 「お散歩」
光の中をひとり、お散歩。きれいな影を踏まないように、
そおっと、そおっと歩きましょう。

4月

4月 「未来地図」
花の美しさは、咲き誇っているときだけではない、
と気づかせてくれた。

3月

3月 「春待ち梅」
枝を広げ、抱きかかえるように迎えてくれる、
やさしい母のような春。私は春待ち梅。

2月

2月 「私の行く路」
私の行く路。それはあるじのいない小さな池にはった
氷の隙間の路。

1月

1月 「黄金色」
凍えるような寒さの中、差し込む黄金色の朝日。
今日という1日が始まります。

  • (1) カレンダーの画像をクリックします。大きいサイズの画像が開きます。
  • (2) マウスカーソルを開いた画像の上に置き、右クリックします。
  • (3) メニューの中から「壁紙に設定」(または同様の項目)を選び、クリックします。
    これでダウンロード&設定完了です。

より詳細な設定は「コントロールパネル」から「画面」の「画面プロパティ」で「デスクトップ領域」、「画面」の設定をしてください。
※使用しているディスプレイの解像度を確認した上でダウンロードと設定をしてください。

  • (1) カレンダーの画像をクリックします。大きいサイズの画像が開きます。
  • (2) マウスカーソルを開いた画像の上に置き、controlキーを押しながらクリックします。
  • (3) 表示されるメニューから「画像を別名で保存」または「画像をディスクにダウンロード」(または同様の項目)を選択し、画像を「システムフォルダ」内の「アピアランス」内「デスクトップピクチャ」の中に保存します。
  • (4) 「コントロールパネル」の「アピアランス」でピクチャを今保存した画像に設定します。

Mac os7.x・Mac os8.x をご使用の場合は、「コントロールパネル」内にある「モニタ&サウンド」「解像度」で設定してください。
※使用しているディスプレイの解像度を確認した上でダウンロードと設定をしてください。