ENGLISH

プロフィール

髙梨沙羅選手のヒストリー

スキージャンプとの出会い(1996年~2008年)

1996年10月8日、北海道上川町で髙梨沙羅選手は誕生した。
髙梨選手は2004年8歳の時にスキージャンプ競技を始めた。父がスキージャンプの原田雅彦選手と同世代の選手であったことや、兄や友達など周囲もスキージャンプを行っていたことがきっかけとなる。当初はアルペンのスキー板で小さな台を飛んでいたが、テレビ放送で山田いずみ選手の姿を見てあこがれ、ジャンプ少年団へ入団した。

開花する才能(2009年~2012年)

近所に練習用のジャンプ台があり、父親や兄がジャンプ競技の選手で指導を受けられるという恵まれた環境にあったこと。そして何より弛まぬ本人の努力により、持ち前の才能が開花する。2009年には大倉山ジャンプ競技場(札幌市)で開催された大会で優勝し、13歳で女子の日本チーム入りを果たした。
さらに、中学卒業を目前に参加した2011年第53回HBCカップジャンプ競技会では、女子の部にて大倉山シャンツェの女子バッケンレコード(最長不倒距離)141mを記録。同年2月に開催されたコンチネンタルカップでは、国際スキー連盟公認国際ジャンプ大会での女子選手史上最年少優勝を果した。

更なる飛躍へ(2013年~)

中学卒業後、グレースマウンテンインターナショナルスクール(北海道旭川市)に入学。スキージャンプに本腰を据える傍ら、学業をおろそかにすることなく、高校1年生の時に高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格。スキージャンプと学業の両立を図る。
2011-2012シーズン、インスブルックユースオリンピックでは金メダルを獲得。2012-2013シーズン、ノルディックスキージュニア世界選手権では前年に引き続き連覇を果たす。
更に、初出場のFIS女子ワールドカップでは2戦を残して、史上最年少での個人総合優勝を成し遂げた。
インスブルックユースオリンピック、FIS女子ワールドカップでの優勝やジュニア選手権で連覇を果たすなど、2011-2012シーズンと、2012-2013シーズンは彼女にとって大きな躍進の年となった。
2013-2014シーズンでは、ロシア・ソチ五輪出場を果たし、ワールドカップ個人では18戦15勝というFISワールドカップ女子最多優勝記録を塗り替え、2年連続のワールドカップ総合優勝を飾る。2014-2015シーズンは、ノルディックスキー世界選手権男女混合団体3位、FISワールドカップでは優勝6回を果たし、総合2位。2015-2016シーズンはFISワールドカップで17戦14勝し、2シーズンぶり3回目の総合優勝を果たした。2016-2017シーズンは、世界選手権個人3位、混合団体3位、FISワールドカップでは男女歴代最多タイの通算53勝を達成。2年連続4度目の総合優勝を果たす。日々、進化を続ける髙梨選手の今後の活躍に期待が集まる。

基礎情報

生年月日 1996年(平成8年)10月8日
出身地 北海道上川町
所属クラブ クラレ
身長 152cm
ヘルメット UVEX
ゴーグル オークリー
スキー板 Slatnar
ワンピース ミズノ
ジャンプ開始年 2004年(8歳)