kuraray 株式会社クラレ


トピックス 2016年

~ビニルアセテート系事業のグローバル展開を強力に推進~
ポバール樹脂 米国新プラント竣工式 開催
~世界4極での最適生産・供給体制を確立~

2016年4月22日
株式会社クラレ

株式会社クラレ(社長:伊藤正明、本社:東京都千代田区)は、米国現地法人クラレアメリカ(クラレの100%間接出資子会社、所在地:アメリカ テキサス州)のポバール樹脂新プラントがこのほど完成し、2016年4月21日(米国時間)に竣工式を実施しましたのでお知らせいたします。

1.新プラントの特徴

  • クラレグループはコア事業であるビニルアセテート系事業の世界展開を進めてきました。
  • ポバール樹脂においては、日本、シンガポール、欧州(ドイツ)に生産拠点を設け、また2014年6月にはデュポン社よりビニルアセテート関連事業を買収(GLS)したことによって米国に初のポバール樹脂<エルバノール>プラントを保有しました。
  • このたび米国に竣工する新プラントは、原料VAMからの一貫生産が可能で、且つ、シェールガス等による安価な原燃料メリットを活用できるコスト競争力の高いプラントです。
  • また、クラレの生産技術をベースに差別化製品<エクセバール>の生産能力を有します。
  • 米国の新プラントおよび<エルバノール>プラントにより、ポバール樹脂の世界4極での最適生産を確立し、高品質な製品をグローバルに安定的に供給します。
  • さらに、北米および中南米市場を積極的に開拓します。

2.竣工式概要

開催日 2016年4月21日(米国時間)
出席者 株式会社クラレ 代表取締役社長 伊藤 正明
株式会社クラレ ビニルアセテート樹脂カンパニー副カンパニー長 兼 ポバール樹脂事業部長 渡邊 知行
Kuraray America, Inc. President and CEO 兼 株式会社クラレ 執行役員 George Avdey
Kuraray America, Inc. Vice President 兼 株式会社クラレ 執行役員 鈴木 一
Kuraray America, Inc. Vice President Bob Chvala
Kuraray America, Inc. Plant Manager Scott Landon
他 関係者 合計約120名

3.ポバール樹脂新プラントの概要

場所 米国テキサス州ハリス郡ベイポート
生産能力 第一期 年産40,000トン
設備投資額 約300百万ドル

4.ポバール樹脂の生産能力

新プラントの外観

地域 年産能力(㌧) 拠点
日本 96,000 岡山事業所
28,000 新潟事業所
アジア 40,000 シンガポール(クラレアジアパシフィック)
欧州 94,000 フランクフルト(クラレヨーロッパ)
米国 63,000 ラポルテ(クラレアメリカ)
40,000 ベイポート(クラレアメリカ、新設)
合計 361,000  

ご参考

クラレアメリカの会社概要

社名 Kuraray America, Inc.
代表者 George Avdey (ジョージ アブディ)
資本金 10.1百万米ドル(クラレホールディングスUSA 100%出資)
従業員数 約740名
事業内容 繊維製品、樹脂、化学品の輸入・販売およびポバール樹脂、PVB樹脂・フィルム、EVOH樹脂<エバール>、熱可塑性エラストマーの製造、販売
本社所在地 2625 Bay Area Boulevard, Suite 600 Houston, TX. 77058-1551 U.S.A.

資料

本件に関するお問い合わせ先

株式会社クラレ IR・広報部 川西、齊藤 Tel:03-6701-1072

※ 報道関係者様向け画像ダウンロードサービス

報道関係者様に限り、画像をクリックしてダウンロードの上ご利用いただけます。
ご利用に際しては、当社IR・広報部までご一報ください。