kuraray 株式会社クラレ


トピックス 2012年

「カルピス」のニューボトルにも、バリア系ミラバケッソ<エバール>が!
~酸素をバリアし、おいしさ長持ちッソ!~

2012年4月25日
株式会社クラレ

2012年4月、17年ぶりに紙容器から「ピースボトル」という名のプラ容器へと全面リニューアルされた、おなじみの乳酸菌飲料「カルピス」。その「ピースボトル」の誕生に、クラレの未来に化ける新素材であるバリア系ミラバケッソ<エバール>が、一役買っています。

  • 「カルピス」はカルピス株式会社の登録商標です。「ピースボトル」はカルピス株式会社の商標です。

<エバール>の役割

一般的なプラ容器では、「光」と「酸素」が透過してしまうため、「カルピス」の繊細な風味を長持ちさせることができません。
そこで、「ピースボトル」では、多層構造ボトルを採用。酸素を通しにくいガスバリア性樹脂<エバール>層と、遮光ポリエチレン層を設けることで、問題を解決しています。 クラレの<エバール>が、繊細な「カルピス」のおいしさを守るために役立っています。

※<エバール>とは?

  • クラレが世界で初めて工業化したEVOH樹脂(エチレン・ビニルアルコール共重合体)の当社商標。
  • プラスチックの中で最高レベルのガスバリア性を持つ機能性樹脂。
  • 主な用途
1.各種食品包装材:
食品の賞味期限を延ばし、廃棄物の削減に寄与している他、食品包装材のプラスチック化による軽量化。輸送効率の向上にも貢献。
2.自動車用プラスチック製ガソリンタンク:
揮発ガソリンの漏洩を防止し、自動車の軽量化や省エネに貢献。
3.その他:
壁紙や床暖房用パイプなどの住宅・生活関連分野にも用途を拡大しています。

「『カルピス』ピースボトル」の構造

※ 報道関係者様向け画像ダウンロードサービス

報道関係者様に限り、画像をクリックしてダウンロードの上ご利用いただけます。
ご利用に際しては、当社IR・広報部までご一報ください。

以上