kuraray 株式会社クラレ


トピックス 2011年

~児島虎次郎生誕130年を記念~
テレビ番組
「クラレスペシャル 『世のために描く光と夢』 ~大原孫三郎と児島虎次郎の絆~」を放送

2011年11月18日
株式会社クラレ

児島虎次郎生誕130年を記念したテレビ番組が、当社の提供で、12月3日(土)午後8時からテレビせとうち(岡山・香川地区)と、12月29日(木)午後4時からBSジャパン(BSデジタル放送局)で放送されることになりました。

今から遡ること130年前の1881年に現在の岡山県高梁市成羽町で生まれた児島虎次郎は、当社の創業者である大原孫三郎の支援により、画家、美術品収集家として幅広く活躍した人物です。しかし、志半ばの47歳でこの世を去りました。

大原孫三郎と児島虎次郎の間に結ばれた友情の絆、二人が世のためを思い目指した光と夢とは、どういうモノだったのでしょうか?

番組では、俳優・高岡建治が演じる大原孫三郎のモノローグ(回想)を番組展開の縦軸に、児島虎次郎の画才、作品、探求、画家と収集家としての挑戦、世界観などを捉えることによって、現代の日本人にも通じる明日への道しるべ、未来への光明を探って行きます。

放送概要

クラレスペシャル「世のために描く光と夢」~大原孫三郎と児島虎次郎の絆~

放送局・日時

テレビせとうち(岡山・香川地区) http://www.webtsc.com/ 2011年12月3日(土)20:00~20:53
BSジャパン(BSデジタル放送) http://www.bs-j.co.jp/ 2011年12月29日(木)16:00~16:53

出演 高岡建治 ほか

写真 左・大原孫三郎/右・児島虎次郎

児島虎次郎/「和服を着たベルギーの少女」

提供 株式会社クラレ
製作著作 ビデオプロモーション/テレビせとうち/日経映像

以上