kuraray 株式会社クラレ


トピックス 2011年

子どもたちに元気を贈りたい in 仙台
<クラリーノ>ランドセルデーに子どもたちをご招待
東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズ戦

2011年10月14日
株式会社クラレ

クラレグループでは、各事業所で行っている「少年少女化学教室」を始め、グループ社員有志による特別養護老人ホームへの慰問や、(*1)「ランドセルは海を越えて」キャンペーンなど、さまざまな社会貢献活動を行っています。

10月9日に開催されたプロ野球:東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズ戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)に、当社が協賛し、<クラリーノ>ランドセルデーを開催しました。当社は、同試合に「クラレシート」を設け、先の東日本大震災によって被災した方々を招待しました。
(石巻市の小学生40人と父兄40人、仙台市の小学生60人と父兄60人の合計200人)

当日は、すがすがしい秋晴れの青空の下、招待した子どもたちには、始球式やボールボーイ、グラウンドキーパーのほか、スタジアムDJなど、それぞれ大役が与えられ、無事任務を果たした後は、ほっとした表情で、プロ野球観戦を楽しみました。
また、スタジアム正面には「ミラバケッソ」のCMでお馴染みのアルパカのクラレちゃんや、ランドセル親善大使<クラリーノ>"アッヒーくん"も駆けつけ、子どもたちにエールを送りました。

今回の「東北楽天イーグルス対千葉ロッテマリーンズ戦」のプレーボール前には、シンガーソングライター平原綾香さんが(*2)『大きな木の下』と国歌を独唱され、澄んだ歌声がグラウンドに響き渡りました。

  • *1 「ランドセルは海を越えて」キャンペーンとは
    ランドセル用素材として7割以上のシェアを占める人工皮革<クラリーノ>を製造・販売しているクラレが中心となって、使用済みのランドセルをアフガニスタンやモンゴルの子どもたちにプレゼントする活動です。
    2004年からスタートしたクラレの国際社会貢献プログラム「ランドセルは海を越えて」キャンペーンは今年で8年目を迎え、過去8年間で8万個以上のランドセルが、アフガニスタンなどの子どもたちのもとへ届けられています。
  • *2 「ランドセルは海を越えて」キャンペーンのタイアップソングである『大きな木の下』は、昨年、この活動に感銘を受けてくださった平原綾香さんが自ら作詞を手掛けたものです。

平原綾香さんプロフィール

1984年5月9日 東京生まれ
2003年12月17日にホルストの組曲『惑星』の『木星』に日本語詞をつけた『Jupiter』でデビュー。
2004年の日本レコード大賞新人賞や、2005年日本ゴールドディスク大賞特別賞をはじめ、様々な賞を獲得。
その後も、ドラマ『優しい時間』(フジテレビ系)主題歌『明日』、NHKトリノオリンピック放送テーマ・ソング『誓い』、映画『マリと子犬の物語』主題歌『今、風の中で』などのリリースを重ね、2008年にはフジテレビ開局50周年記念ドラマ木曜劇場『風のガーデン』の主題歌『ノクターン』を歌い、同ドラマに女優(役名:氷室茜)として出演。
また、2009年にリリースした全曲クラシック曲のカバーアルバム「my Classics!」は第51回輝く! レコード大賞で優秀アルバム賞を獲得。その活動が高く評価され、2010年、第1回岩谷時子賞において奨励賞を受賞。
現在までにシングル24枚、デュエットシングル1枚、9枚のアルバム(ベストアルバムを含む)、5枚のDVDをリリースし、日本武道館公演(2006年)を含む6度の全国ツアーを行っている。

以上