kuraray 株式会社クラレ


トピックス 2008年

「世界で最も持続可能な100社」に四年連続選出

2008年1月31日

クラレは、2008年1月に発表された「世界で最も持続可能性のある企業100社」 (Global 100 Most Sustainable Corporations in the World)に4年連続で選ばれました。

「世界で最も持続可能性のある企業100社」(The Global 100 Most Sustainable Corporations in the World)はカナダの出版社コーポレートナイツ社(Corporate Knights Inc.)と米国の投資調査会社イノベスト社(Innovest Strategic Value Advisors)が環境・社会・ガバナンスリスクなどに秀でている会社を評価し、上位100社を選定するものです。

2008年1月23日、スイス・ダボスで開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で発表され、選定された100社(うち日本企業13社)のうち、4年連続して選出された企業は36社(うち日本企業5社)です。

クラレは1970年、環境保全の専門部署を設置し、地球環境への負荷低減にいち早く着手しました。1991年には経営レベルに社会環境委員会を設け、環境保全の総合的な取り組みとともに、社会への貢献活動を本格的にスタートしました。さらに2003年、これをCSR委員会に改組し、企業倫理、人権・雇用、リスクマネジメントに至る広範なテーマを、重要な経営課題として取り組んできました。

今回の選出は、これまで積み重ねてきた環境・社会・ガバナンスにわたるバランスのよい活動が、持続可能な企業として評価されたものと認識しています。