kuraray 株式会社クラレ


ニュースリリース 2018年

~[関西]高機能素材 Week 2018内~
「第6回[関西]高機能プラスチック展」に出展
~ヘッドアップディスプレイやVR機器などに適用可能な微細パターン付きフィルムを出展~

2018年4月25日
株式会社クラレ

株式会社クラレ(本社:東京都千代田区、社長:伊藤正明)は、5月9日からインテックス大阪で開催される「第6回 [関西] 高機能プラスチック展」に出展します。クラレ独自の精密成形技術で作製したスタンパーと呼ばれる金属型で、μm単位の微細な凹凸を形成した微細パターン付きフィルムを紹介します。

1.出展内容

ヘッドアップディスプレイ用中間スクリーン 説明画像

ヘッドアップディスプレイ用中間スクリーン

プロジェクション方式のヘッドアップディスプレイに適用可能な中間スクリーンです。微細なパターンを多数配列したマイクロレンズアレイで構成されたフィルムが、精細な画質を実現します。精密なレンズ形状により、光利用効率が高く、省エネにも貢献します。

ヘッドマウントディスプレイ用ソフトフォーカスフィルタ

バーチャルリアリティ(VR)を実現するヘッドマウントディスプレイの課題である格子状模様のサイズに合わせて、微細パターンを最適化。光をにじませるソフトフォーカスフィルタとしての機能を果たし、臨場感向上に貢献します。

ランダム拡散フィルムの電子顕微鏡写真ランダム拡散フィルムの電子顕微鏡写真

高効率広視野ランダム拡散フィルム

光利用効率を低下することなく、光源を広視野に拡散させる、LED照明用のランダム拡散フィルムです。部材表面に形成した微細なパターンで光を等方拡散し、点光源であるLEDのイメージを消すことで、面光源であるかのような見栄えを実現します。

LED点光源の拡散模様イメージLED点光源の拡散模様イメージ

LEDイルミネーション用異方性拡散フィルム<レジェンダ>

フィルムの背面にLEDを配置すると、微細パターンの形状に応じて光が「屈折」「反射」「散乱」「回折」し、点光源のLEDで多彩な光の演出が可能です。立体的な三次元曲面にも加工でき、間接照明や、人目を引く光の演出が効果的なアミューズメント機器など、意匠性が求められる分野にも適用できます。

2.展示会概要

名称 第6回 [関西] 高機能プラスチック展
開催日時 2018年5月9日(水)~11日(金) 10:00~18:00
(最終日のみ17:00終了)
会場 インテックス大阪
ブース番号 A5-48

※ 報道関係者様向け画像ダウンロードサービス

報道関係者様に限り、画像をクリックしてダウンロードの上ご利用いただけます。
ご利用に際しては、当社IR・広報部までご一報ください。