kuraray 株式会社クラレ


ニュースリリース 2017年

~業務用不織布衛生ふきん<クラフレックス>カウンタークロス~
衛生管理ニーズが高まる・アジア市場での展開加速
~世界共通ロゴを採用した新パッケージでブランド力を強化~

2017年2月16日
クラレクラフレックス株式会社
(クラレグループ)

クラレクラフレックス株式会社(本社:大阪市北区、社長:足立篤美)は、業務用不織布衛生ふきん<クラフレックス>カウンタークロスについて、世界共通のロゴに統一し、利便性を高めたパッケージに一新します。
2017年4月出荷分から新パッケージに順次切り替えを行い、堅調な販売を続ける国内市場に加え、日系企業の進出が続き、衛生管理のニーズが拡大しているアジア市場での販売拡大を目指します。
なお、新パッケージ品は、2017年2月21日~24日に東京ビッグサイトで開催される「国際ホテル・レストラン・ショー」に展示します。(ブースNo. 2-K15)

1.背景

KURAFLEX COUNTER CLOTH

  • 国内では、異物混入対策や食中毒予防の観点から、より厳しい衛生管理が求められる外食企業、スーパーマーケット、食品工場での採用拡大が続いている。
  • 海外では、あらためて日本食が注目をされる中、日系外食チェーンおよびスーパーマーケットの海外進出に伴い、アジア市場を中心に採用が拡大。経済発展が進むアセアン諸国においても食の安全に対する意識の変化を受け、導入が進んでいる。
  • 今回、当社は業務用の不織布衛生ふきんのパイオニアとして、外食産業やスーパーマーケットのバックヤードでの取り扱い性に優れたパッケージに切り替えることで、国内外での更なる販売拡大を目指す。

2.新パッケージの特長

  • ロゴは英語表記で統一し、取り扱い方法については、英語と日本語を併記。製品ラベルの色と文字で、パッケージ内の製品色を容易に判別が可能。
  • 白を基調とし、発売当初から変わらぬ波柄のデザインをあしらった統一感のあるデザイン。
  • パッケージ横に取り出し口を追加することで、縦向き、横向きのいずれでも製品の取り出しが可能。また、上部からも側面からも取り出しが可能。スペースの限られるバックヤードにおいても容易に製品が取り出せる仕様とした。
    (特許・意匠出願済)

ご参考

<クラフレックス>カウンタークロスについて

  • 1972年10月発売。今年で45周年を迎えるレーヨン不織布製の衛生ふきん。高い吸水性を持ちながら、汚れが落ちやすく乾燥が速い。雑菌が繁殖しにくく衛生的で、毛羽などの混入の心配も少ない。豊富なカラーバリエーションの通常タイプのほか、厚手、使い捨てなどさまざまなタイプがあり、セクション別、用途別の使い分けが可能。
  • 外食産業など食品業界を中心に幅広く使用されており、業務用の不織布衛生ふきんとして国内トップシェア(クラレクラフレックス社調べ)を誇る。2012年、「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」を受賞。
  • 2012年、一般家庭で使いやすい白やベージュのやさしい色合いとサイズが特長の家庭用を発売。
  • 「2015年ミラノ国際博覧会 日本館」に協賛。日本館のフードコート及びレストランの厨房に、和食や和の空間に調和するカラーのカウンタークロスを提供し好評を得た。同年、日本食人気が続く海外を含む外食産業に向けて<クラフレックス>カウンタークロス 〈和雅楽(わがら)〉を発売。

クラレクラフレックス株式会社 会社概要

社名 クラレクラフレックス株式会社
本社所在地 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビル オフィスタワー40階
代表者 代表取締役社長 足立篤美
設立 2005年4月1日(前身は1971年設立のクラレチコピー(株))
資本金 1億円(クラレ100%)
主な事業内容 不織布および不織布製品の製造・加工・販売

※ 報道関係者様向け画像ダウンロードサービス

報道関係者様に限り、画像をクリックしてダウンロードの上ご利用いただけます。
ご利用に際しては、当社IR・広報部までご一報ください。